厄年 早見 表。 厄年早見表 見付天神公式ホームページ

厄年には体のケア(養生)を 貝原益軒は「養生訓」に、養生とは「変(へん)」に備える術であると書いています。 星祭のお守りは皆様にお勧めします。

4

厄年を迎えると、神様のご加護をいただいて災難が身にふりかからないよう、神社にお参りして厄除けをします。 八方塞がりは、 9年に一度という厄年よりも早いペースで巡ってきます。 厄年は一生に何度か訪れますが、厄年の対象となる年齢は決まっています。

厄年という風習がいつから始まったのか正確な時期は定かではありませんが、遅くとも1000年以上昔、平安時代中期には存在していたことが分かっています。 同じ家族でも、生まれ年によって良い方角・悪い方角は異なるため、なかなか家族全員の吉方位が揃うことはありません。

13

厄年(やくどし)とは、災難や障りが身に降りかかると言われている年の事。

20

2021年(令和3年)に厄年を迎える男女の年齢・早見表 厄年は男性の本厄が 25歳・42歳・61歳で、女性の本厄は 19歳・33歳・37歳・61歳となっており、中でも最も気をつけなければならないとされる厄年を「大厄」と呼びます。 よって、2021年の誕生日を迎えていない例の女性の場合は、31歳にプラス2歳をすることになるので、数え年が33歳となります。 「厄年」とは、一生のうちで災難や不幸が振りかかることが多いとされる年齢 「厄年」とは、平安時代に陰陽道(おんみょうどう)で説かれた考え方がルーツ。

以下は男女別厄年の早見表(年齢は数え年) 前厄 本厄 後厄 男性の厄年 24歳(1998年生まれ) 25歳(1997年生まれ) 26歳(1996年生まれ) 41歳(1981年生まれ) 42歳(1980年生まれ) 43歳(1979年生まれ) 60歳(1962年生まれ) 61歳(1961年生まれ) 62歳(1960年生まれ) 中でも「大厄」にあたるのは、 42歳(1980年生まれ)の方です。 つまり、厄年だからといって厄年を気にしすぎてしまうと、かえって大事なチャンスやタイミングを逃してしまいかねません。

15

該当する場合は、新しいことに手を出すことを控え、慎重な行動をしたほうが良いとされていますが、なにごとも心配し過ぎはよくありません。 1つは「年回り」による方位除けで、人が生まれながらに持っている本命星が、その年に方位盤のどの方向に位置しているかで吉凶を占います。

9

元旦のおとそは、厄年以外の人が口にした杯には厄を祓う力があるとされ、厄年の人は飲む順番を最後にして皆から厄を祓う力を頂戴します。