日産 セレナ 新型。 日産 新型セレナは2022年後半にフルモデルチェンジ!? 全車e

しかしながら、そのハイブリッドモデルに採用されているシステムは、「スマートシンプル ハイブリッド」だとか「マイルドハイブリッド」とも言われる先代セレナに搭載されていたものと変わないものでした。 「セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)」の「ワイド」に該当した。 これまで搭載されていた「プロパイロット」の進化版となり、車両に搭載されたカメラ、レーダー、ソナー、GPS、3D高精度地図データ(HDマップ)を組み合わせることで、車両の周囲360度の情報と道路上の正確な位置を把握するとともに、ドライバーモニターカメラを装備してドライバーが前方を注視しているか常に監視。

12

6kgmを発揮していました。 モデル末期でも売れているセレナがモデルチェンジをして、新しく単一車線自動運転技術が搭載されることをアピールすれば売れないはずがありません。 仮にノートe-powerでの2WDと4WDの燃費差を計算してみると、e-power Xでは34. e-POWER ハイウェイスターV(防水シート車):3,532,100円• 5Lエンジンを活用したの新型e-POWERを採用する可能性が考えられます。

2005年12月27日一部改良。 そのためライバル関係であるノアやヴォクシーが搭載しているハイブリッドカーと比較すれば、燃費の面でかなりの差をつけられています。

カタログ値が15,4kmでS-HYBRIDと謳っていたのでもう少しいいと思っていたが残念。

17

かつて日産にはラフェスタという下位モデルがあったが、自社生産車は2012年に終了している。

2

そして、もう一社ライバルとしてホンダのが新型アコードに採用された2. また、日産の電動モデルで人気になっている、アクセル操作だけで加速と減速が可能なワンペダルドライブにも対応。 2013年12月25日マイナーチェンジ。

【エンジン性能】 誰が言い出したのか、出だしはまさにもっさり。 e-POWER ハイウェイスターV:3,499,100円• 駆動方式:FF or 4WD 新型セレナのパワートレインには、マイルドハイブリッドシステムを採用するガソリンエンジンと、フルハイブリッド「e-POWER」が搭載されます。

17