おろそか 類義語。 偏りの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

例えば「学費を稼ぐためにアルバイトをしているのに、アルバイトばかりして学校を休みがちになる」 「大掃除のために戸棚から物を出したのに、出てきた写真を見るのに夢中になって余計散らかしてしまう」 といったところでしょうか。 これ以上愚かな失敗を繰り返してはいけない。 舎本逐末(しゃほんちくまつ)……物事の根本をおろそかにして末節に心を配ること• 「おろか」なのか「おろそか」なのかは文脈から判断します。

20

そして、頭の働きが不完全=ばか、という方の意味では「愚か」となりました。 「おろそか」の場合は「疎かになる」「疎かだ」といった使い方で、やるべきことがいい加減になっているという時に使います。

19

それ相当• 利口(頭がいいこと). 「ほんまつてんとう」と読みます。

10

「元も子もない」の使い方もあげておきますので、「本末転倒」との違いを確かめましょう。 不精さ• 出ほうだい• 怠慢さ• 家族のために働いているのに、休日も仕事ばかりで家族との時間が取れないなんて本末転倒だ。 どの言葉についても疎かと意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

粗こつ (人または行動について)洗練か技巧に欠けている の意• ゆるがせ(物事をいいかげんにしておくさま) 【対義語】• より引用 まさしく「一心不乱」が気持ちを集中させないと起こらない理由を、この言葉が説明してくれています。 日本語ワードネット1. 正確に適合していて、正しいさま の意• 「本末転倒」は逆の結果になってしまうこと、「元も子もない」は今までの努力が無駄になることというわけです。 愚かしい(ばかだ。

5

「おろか」と読みます。

賢い(頭の働きが良く利口であること)• 必要な品質を持っている の意• 気だるい• 好いかげん• 不精ったらしい• 好いかげん• 無理をして働いて、体を壊しては元も子もない。

12

不仕末• 投げやり)• 気だるい• 誠実さに欠けること; 嘘を言ったり、ごまかしたり、盗んだりすること の意• 金庫に宝石をしまっていても、金庫ごと盗まれたのでは元も子もない。 「本末転倒」の意味 「本末転倒」は「物事の根本的なことと、そうでないことを取り違えること」という意味の四字熟語です。 無精さ• 不精さ• 誠実さに欠けること; 嘘を言ったり、ごまかしたり、盗んだりすること の意• 「すでに打ち解けて親しい間柄であるが、お互いのことをおろそかにしていないいい関係」を表す言葉です。

13

疎かを用いた例文としては、「宿題を疎(おろそ)かにする」や、 「勉強は疎(おろ)か、部活も真面目にしない」のような使い方で用いられています。 極端でない の意• 街は閑散として、人は疎か犬一匹見当たらない。

3