天真 みちる 宝塚。 【宝塚OG】こんな宝塚人生もあり、天真みちるのおじ専大成功!|激レアさんを連れてきた視聴

大袈裟ではなく、毎日震えるほどの感動をいただいています。

表紙の写真は、当たり役・牛五郎の「おじさん」メイクをした天真さんが、斜め上にバチッと目線を決めている。 本当にお疲れ様でした。 宝塚時代は公演のスチール写真など全て劇団が用意してくれていたが、この『こう見えて~』の表紙は、担当編集者と一緒に背景や衣裳も全部自分たちで準備した手作りだ。

13

スポンサードリンク 愛称の「たそ」とは? 天真さんの愛称である「たそ」とはいったいどこからきたのでしょうか。 。

7

「姉妹3人のなかで、なぜか私だけ、祖母から『タカラヅカに入りな』と言われて、その気になったんです。 宝塚大劇場の千秋楽の日の新菜しほさんの挨拶については、書きましたが、今回はどんな挨拶をされたのでしょうか? さて、天真みちるの入りはトレードマークとなったタンバリンをしっかり持って。

9

「『この本を読んで、転職を決意しました』ってお手紙で報告してくださる読者の方がいて…えええ!? そんなことある??」 と、天真さんは笑う。 彼女たちはトップコンビを支えながら、毎公演、自分たちに与えられた役を全力で生き、いつしか劇団を去っていく。 大嫌いな宴会でブレイク!• しかし、卒業してその活躍の場を広げ精力的に活動されている様子を拝見すると、宝塚だけではなく広い世界で活動したくなったのだとしても納得します。

1

おじさんを極めたタソ。 「『宝塚を知らない人が読んだら面白くないかも』と率直な感想をもらい、全面的に書き直しました」 日々の稽古や、公演中のハプニング、劇団運動会など、部外者の知らない世界の「舞台裏」を描く内容だが、そこで一人の少女が成長していく物語でもある。

8