堀 ちえみ 病気。 堀ちえみさんロングインタビュー前編|関節リウマチの情報サイト リウマチTea room

タレントの堀ちえみさんが、2015年に国の指定難病「特発性大腿(だいたい)骨頭壊死(えし)症」を患っていたことを2018年5月に明かしました。 私は、自分がガンだとわかったとき、「徹底的に戦おう」「絶対に打ち勝ってやる」という意気込みでガンと向き合いました。

現在、義母とはとてもよい関係を気づいている ちえみさん。 sharing-screen-reader-text:focus,. ところが、一部のSNSなどで「ステージ4なのにおかしい」「売名行為」「詐病ではないか」と批判する投稿が執拗に続いているといいます。

舌がんは発見が遅れると、すぐに病気が進んでしまう。 ずっと口内炎が痛いのを(出演者の)皆さん、ご存知で…。 痛みの上に痛みが重なって、さらに痛みが重なって……という感じで。

15

告知を受けてすぐに私は気持ちを切り替えたので…。

3

だから、無意識のうちに身体に変な力をかけてしまったりする。 でも、痛みやダルさといったリウマチの症状のせいで生活に支障が出ることなどがストレスになり、肉体的にも精神的にも疲れ切ってしまうことがあります。

これ以上、痛いことをもう経験したくないので、自分の人生をこれ以上、何かをして延命しなくてもいいかなと」 堀さんを思いとどまらせたのは、次女の言葉でした。

ああもうやばいかなと自分自身で覚悟して、その夜は眠れませんでした」 大学病院で診察を受けたところ、進行した舌がんでした。

そしてまだ一緒に住んでいる高校三年の息子と高校一年の娘には「夫婦ふたり揃って告げました」。 堀さんは2022-2023年付近の接運で体質がまた変わります。 ベッドから下りられるようになると、歩行器(車輪がついた補助具)を使って病棟の廊下を何度も行ったり来たり。

18

最初は病院でも原因が分からず、次第に入浴中に右足がまったく温まらない不調も現れ、半年後に病名が分かったという。 子供が7人いて大変そう…という庶民的な発想は彼女らの生活当てはまらないセレブな生活を送っているようです。 舌の生体検査の結果、口腔癌(左舌扁平上皮癌)と診断。