表現 の 不 自由 展。 江川紹子が【『表現の不自由展』中止問題】を考察…言論・表現の自由を後退させないためには

疑義があれば誠実に協議して解決を図るという契約書の趣旨にも反する行為です。 河村名古屋市長(2019年): 「表現の自由という名前で、国民世論を暴力的にハイジャックするのはやめてくれ」 大村愛知県知事(2019年): 「気に食わない展示芸術祭、イベントがあれば、こうした攻撃をすれば止められる、つぶせるという圧力に屈したという悪例になってしまう」 展示内容には抗議が相次ぎ、一連のリコール問題にも発展、大きな混乱を生みました。 これも、考えて見れば、(異なる考えを排除していくという意味で)1つの『検閲』。

実際には作品を見ていない人たちの間で、批判や非難が広がり、それが大量の電凸に結びついた。

16

しかし、実行委としては、法的手段も辞さずという方針で臨むという。 だけど、スルーできなくさせることはたぶんできる。 法廷の主催者(VAWW-NETジャパン)が、事前に知らされていた企画と番組内容が違うとしてNHKと番組制作会社を提訴したのである。

13

おい、維新の議員さん。

4

裁判官からは、「言論・表現の自由は無制限にあるものではない」という言葉が下されている。

8

こうした悪質な脅しについては、愛知県警は徹底した捜査を行ってもらいたい。 キュレーターチームが関与せず では、なぜこのような展示になってしまったのだろうか。

トリエンナーレの開催前から朝日新聞などは慰安婦像が設置されることを報じていたにも拘わらず、気に留めている様子もなかった。 このように暗黙のルールでタブーとされている政治的・社会的問題に関する作品がいくつも展示されています。 さらに、長々と喋る電話や職員の名前を聞き出そうとする者にどう対応すべきか。

これをきっかけに、愛知県主催の「あいちトリエンナーレ2019」に招かれ、「表現の不自由展・その後」を実施しましたが、これ自体も「展示中止」とされ、内外のアーティストや市民の支援で再開を実現しました。

16