コロナ 出社 拒否。 新型コロナウイルスの感染リスクを理由に社員が出社拒否、会社は出社命令できるのか?

つまり、在宅勤務が不可能な業種で、企業が安全配慮義務に基づき、感染リスクを排除した労働環境を整備している状況であれば、出社を命じることも違法ではないとされています。

15

拒否できないのでしょうか? A 一般的な経営悪化のケースと同様に、これまで契約が何度も更新されていて、実質的に契約期間が定められていない契約と同じような状況があることや、契約更新が期待できるような合理的な理由があるなどの事情があれば、経営状況が悪化していたとしても、雇止めができない(無効になる)可能性があります。 この判例の事案は、会社主催の送別会で酩酊した女性従業員を男性社員が介抱したことについて、後日、女性従業員がセクハラであると主張して出勤の拒否に至り、会社が出社拒否を理由に解雇したというものです。 しかし、労基法が禁じているのは国籍・信条・社会的身分を理由とする差別です。

15

懲戒処分としての解雇や、他の懲戒処分も同様の規定となっています(労働契約法15条)。 そして、診断書で長期的な自宅療養が必要とされている場合は、従業員に対して休職を命じることが正しい対応です。 そして、配慮が必要な場合は、その手立てを講じたうえで従業員を復帰させることが必要です。

3

ただし、接客以外に担当可能な業務がない場合は、会社には新たに担当可能な業務をつくることまでは義務付けられていないと考えられています。 通常のテレワーク導入のための助成金制度よりも申請のハードルが低い制度が新たにつくられています。

13

同じ職場にいても、通勤電車にいても感染リスクがありますからね。 他方、通常勤務をさせることが不合理といえる程までは感染拡大が進んでいるとはいえない場合や、会社の業務として時差通勤が困難といえる場合は、通常の出勤を拒むことは難しいと考えられます。 日本ヒューレッドパッカード事件)体調不良で出社できない従業員に対しては病院の受診を推奨するとともに、必要に応じて医師の診断書の提出を求めましょう。

18

引っ越し、夫の転勤• 就業規則をどこで確認すればよいのかわからない場合は、会社の労務部門などに問い合わせてみましょう。

20

深夜まで働いた分の手当は支払ってもらえますか? A 就業規則などで深夜労働が原則禁止されていて会社の許可が必要な場合、無断で深夜労働をしても深夜残業代などの割増賃金が支払われない可能性があります。 そのため、従業員の主治医に対して、復職にあたって、従業員の就業時間を減らすなどなんらかの配慮が必要かどうかを確認する必要があります。

ひとことで出社拒否といっても、その理由によって企業のとるべき対応は変わるので、慎重な検討が対策を検討する必要があります。 また労働者側は、会社との話し合い内容を録音するなど、証拠を残しておくことも大事です。