三島 ひろし。 謎の男「ひろし」にざわつく。ゆかり で有名な三島食品のふりかけに新キャラ誕生

15

それがまたツイッターで取り上げられ、さらに輪を広げた。 *************** 株式会社大創産業は、100円ショップダイソーを運営する企業です。 緑の色合いが非常に美しい。

7

(諸説あり)」 この青菜のご飯の素は乾燥してぱりぱりなので、ご飯と一緒に蒸らして食べると良いと書かれている。 html 」によると、ダイソーは業界1位の売上高を記録。

19

同社が発売に当たり公表したニュースリリースには「どこからも頼まれていないのに、勝手に広島菜大使を名乗っている」と記されていた。

2

原材料名を見ていると「塩蔵(えんぞう)広島菜と書かれてあるが、塩蔵とは塩漬けのこと。

8

「漬物を乾燥させているので味にも深みがある」(同)。 この間、工場はフル稼働し生産に追われたが、現在も出荷調整が続く。

16

ライムグリーンのさわやかなルックスがひろしの目印。

13

昨年春「うめこ」として再起を図るも、時を同じくして同社の看板商品「ゆかり」の50周年記念品「減塩ゆかり」が登場。 そのほか、この「ひろし」は、どこからも頼まれていないにもかかわらず、その名前から勝手に「広島菜大使」を名乗り、広島県の特産品をアピールして回ることも計画しているとのことで、今後の展開が注目されている。

1

「『ひろし』は日本三大漬け菜のひとつである広島産の広島菜を100%使用した混ぜご飯の素。 スター商品の陰に隠れる地味なデビューとなり、本紙でも「不運な『うめこ』の物語」として取り上げた。