確定 申告 年金。 年金受給者でも確定申告が必要になる条件を解説します

所得税や住民税が天引きされるのであれば、確定申告をする必要はないと思うかもしれません。

一般の控除対象配偶者3万2500円(年間39万円)、老人控除対象配偶者4万円(年間48万円)• 5万円)も多く源泉徴収されることがわかります。 還付申告を行うことで、所得税だけではなく、住民税も減額されるのでこれらの条件に該当する人は、納税地を所轄する税務署に一度相談してみましょう。

(銀行代理業について) 当社は、銀行代理業に関してお客様から直接、金銭のお預かりをすることはありません。 これはどのような意味でしょうか? 公的年金とされるものは、次の通りです。 年金が400万円超 次に、年金額の基準です。

本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。 3 公的年金等に係る雑所得の金額の計算方法 公的年金等に係る雑所得の金額は、下記の表により算出します。

12

すると、「源泉徴収税額約4. それは、 控除を受ける場合です。 また、その年の 公的年金等の収入金額の合計が400万円以下で、かつ、 公的年金等以外の所得金額が20万円以下である人も申告不要です(=)申告が不要に また、その年の公的年金等の収入金額の合計が400万円以下で、かつ、公的年金等以外の所得金額が20万円以下である人も申告不要です(=年金受給者の確定申告不要制度)。 保険商品の内容については、必ず商品パンフレット・契約概要・注意喚起情報・ご契約のしおり・約款等にてご確認ください。

また、所得の種類は所得税法で定められています。 あくまでも目安としてご利用ください。 しかし、源泉徴収で所得税を多く納めすぎている場合は、確定申告をすることで税金の還付を受けることができます。

18

確定申告書の提出期間は例年2月16日から3月15日までです。 「給与所得の金額」が20万円超の人で、「公的年金等に係る雑所得の金額」が20万円を超えるケースです。

16