鳥 インフル 香川。 香川で10例目の鳥インフル 半径3キロに9例が集中:朝日新聞デジタル

事例 確認日 所在地 鶏種 飼養羽数 防疫措置の状況 備考 13 三豊市 肉用鶏 約2. このことから、本ウイルスは昨年度の冬にヨーロッパで流行したH5N8亜型HPAIVとユーラシア大陸に生息する鳥類の間で循環しているHxN6亜型の鳥インフルエンザウイルスの遺伝子再集合ウイルスであると考えられます。 17年には世界規模でユーラシア型H5亜型HPAIVによる発生が多発し、渡り鳥がウイルスの世界規模での運搬に関与していると考えられています。

そして19日午後、12例目の養鶏場での防疫措置が完了。 香川県の養鶏場のニワトリから鳥インフルエンザが検出されたことを受けて、環境省は野鳥に対する警戒レベルを最高の「レベル3」に引き上げて死骸の検査を強化するよう全国に通知しました。 2017年11月に島根県では死亡したコブハクチョウからH5N6亜型HPAIVが検出され、韓国でも11月以降、家禽や野鳥から同亜型のHPAIVが検出されています。

12

こうした状況を受けて、環境省は野鳥に対する警戒レベルを3段階のうち最高のレベル3に引き上げ、全国の都道府県に通知しました。 これらのウイルスは、昨年度の冬にヨーロッパで流行したH5N8亜型HPAIVとユーラシア大陸に生息する野鳥の間に分布しているHxN6亜型の鳥インフルエンザウイルスのウイルスであると報告されています。 県内での一連の防疫措置が終わり、殺処分されたニワトリは、約176万6000羽となりました。

9例目の養鶏場の鶏は隣接する関連農場とあわせて計35万3千羽、10例目は約2万羽。 うち1カ所は感染が確認されていないが、ウイルス侵入の恐れがあるため、殺処分の対象となった。 (野鳥での確認状況の詳細については (外部リンク)をご覧ください。

6

HAは16種類、NAは9種類あるとされている。

11

昨年11月に島根県ではコブハクチョウから同じくH5N6亜型HPAIV コブハクチョウ株 が分離されていますが、香川株とオオカモメ株の遺伝子の相同性は、香川株とコブハクチョウ株 97? 3 高病原性鳥インフルエンザウイルス 国際獣疫事務局 OIE の規定による検査法によって鶏に高い致死率を示すA型インフルエンザウイルス。 11月5日から17日までに、香川県では5例のH5N8型鳥インフルエンザが確認され、すでに46万羽が殺処分された。

2

HAには、H1からH18、NAにはN1からN11までの亜型が存在する。 背景 近年、我が国では2010? 国連の専門家組織は10月29日、「新型コロナウイルスのように動物を宿主とし、人への感染の恐れがあるウイルスは現在、最大85万種存在する。