北斗 無双 撤去。 【CR真・北斗無双】撤去期限延長で回転率アップ?ボーダー超えの台を打ってみた (1/3)

9月3日に北斗無双2が導入されますが、おそらく人気は出ないと思います。 北斗無双もこの撤去日に当てはまるので、撤去日は2021年の11月30日までとなります。

10

最近は「P大工の源さん 超韋駄天」が増台されるホールも多く、ここで辛い営業をして、大工の源さんの人気が下がってしまうとホールにも大打撃となるため、今後も甘く使われる可能性が高いのも魅力的です。

20

たった2ヵ月の延長でも、こういう戦略のお店にとっては追い風のハズ。

1

768• しかし、旧規則機でも2017年後半に検定を通過した旧規則機は、認定申請したところで設置期限は長くとも数ヶ月しか延びないため、多くのホールで認定申請がなされなかった模様。

期待値稼働には向いている機種ですので、次期メイン機種になる可能性は高いと感じています。 12月20日前後で年末年始の釘調整を受けた後に新年に入ってからは渋い調整が続くと思います。 次の一つは、高射幸性遊技機及びパチスロAタイプ遊技機(等)以外の「その他の遊技機」については、「当初の検定切れ・認定切れ期限から1年以内」としながら、最大で「2021年11月30日までに撤去」から「2022年1月31日までに撤去」に改定された。

1

もーー。 導入前のPV動画やスペックを見る限りでは 期待できそうな感じはありましたが、実際に導入されてからというと ネットでは 賛否両論な意見があったようです ・・; 例えば・・・ 「何が来たら当たるんだ? と聞きたくなるほど激アツ外れる。

4

そのため、コロナ廃業という言葉も珍しくはなく、かつてないペースでホール軒数が減少中である。 その期限が切れる前に「認定申請」という申請を出すことで、規則等が変わらなければもう3年設置を延ばすことができるので、初代の真・北斗無双が撤去された後も打つことができますね。

流石に5K回して-5ならそれはもう-5なんでヤメるけど、でも-1とかまで競ってるならさらに5K追加して様子を見る感じ。 では、一体どのような経緯でそれが実現したのか? 業界内の動きから見ていきたい。

19