ムジカ 約 ネバ。 約束のネバーランド(約ネバ)味方の鬼ムジカとは?正体や能力・邪血と食事についても

作画:出水ぽすか 作画担当。 さらに、その力は血を一口飲むだけで得られるため、このまま邪血を得た鬼が増えることを恐れた女王や五摂家、ラートリー家によって邪血の一族は一人残らず滅ぼされてしまったのです。 。

11

王都にて、女王との対決の際、ソンジュとムジカも駆けつけました。 2人を処刑しようとしている王族の臣下たちに一喝! そして、レウウィスの弟・ソンジュに「 ひさしぶりだな」と話しかけます。

4

ノーマンにムジカ達の話をしたら顔色が明るくて変わった。 そして、レウウィスが新しい王様になるのかと思いきや、 ムジカが鬼の王様になります。

ムジカは生まれつき邪血を持っていますが、ムジカがどのように生まれたかについては触れられていません。 (約束のネバーランド6巻 白石カイウ 出水ぽすか 集英社) そこで今回取り上げるのは ソンジュとムジカ。 ソンジュが「社会の異端者」と自称していた理由も、この特異体質にあった。

ムジカの血を鬼が飲めば、「人間を食べなくても野生鬼化しなくなる」という特徴もあり、そのことが、一般鬼を人肉で従わせていた鬼の女王や貴族にはムジカが邪魔な存在だったようです。

4

実は、ムジカとソンジュは「 2回」絶体絶命と言える出来事に合いました。

3

目の前には荒野が広がり、ここでエマたちはムジカ、ソンジュとお別れをします。