狡兎 死 し て 走狗 煮 ら る。 狡兎死して走狗煮らる

いや邪魔となる。 漢の五年正月、高祖は斉王の韓信を移して楚王とし、下邳に都を築かせた。

17

敵が滅びたあと、のあった者が邪魔にされ、殺されてしまうことのたとえ。 いや邪魔となる。 例文3. 本来は、敵国が滅びると、軍事に尽くした功臣であっても不要になって、殺される意味に用いられた。

17

漢王のご機嫌取りのためにこの私を捕えようとするのですか。 狡兎死して走狗煮らる 蜚鳥尽きて良弓蔵せられ、狡兎死して走狗煮らる(ひちょうつきてりょうきゅうぞうせられ、こうとししてそうくにらる) 臥薪嘗胆で有名な越王句践が呉王夫差を破ったあとのことです。 「走狗」とは、猟犬のこと。

敵が滅びたあと、のあった者が邪魔にされ、殺されてしまうことのたとえ。 しかしこれを他の時代のように、権力を持たせないためと誤解してはいけない。

13

そのことを知った高祖の家臣で「韓信には謀叛の疑いあり」と告げ口したものがあった。 狡兎死して走狗烹らるではないが、学校側は念願の優勝旗を手にしたので、監督の契約を今年で打ち切る予定だ。 たとえば、急成長を遂げる企業やライバルの多い企業では、能力の高い人材や優秀な部下に重要なポジションや業務を任せることもあります。

それは、「狡兎死して走狗烹らる(獲物のウサギが捕まって死ねば、不要となった猟犬は煮て食われる)」と言われる通り、越王はいずれ、自分を邪魔に感じ始めるだろう、と考えたからでした。

11

」と書いておりました。 内地の地方官として民衆を治めた者。

3

漢の六年、ある人が上書して、韓信が謀反したと密告した。 耿純、陳俊、李忠、王梁。

12

つまり「用があれば大事にされるが、済めばお払い箱になる」 楚の覇王項羽が死んで、ついに漢が天下を手中にした。 決断しなければ身を滅ぼすしかない。

4