徳 勝龍 優勝 インタビュー。 大相撲初優勝の徳勝龍の好感度が急上昇。インタビューが大絶賛!

ボクシング [7月13日 17:13]• -今33歳で次は34歳。

5

この日の会見では「笑かしてやろうという『関西魂』がでましたね。 1メートル81、188キロ。 奈良県出身で、実家は常に笑いであふれていた。

10

プロレス [7月15日 13:47]• 1メートル81、188キロ。

4

今場所の好成績につながった出来事として、2年ぶりに幕内に返り咲いた昨年夏場所で4勝11敗と大敗したことを挙げる。 「ゴゴスマ」ではそんな徳勝龍のインタビューを取り上げたが、石井アナは「素晴らしかったインタビュー」と振り返り、「自分なんかが優勝していいんでしょうか」という言葉を取り上げ「その後のNHK小林アナウンサーが上手だった。 炎鵬対鶴竜。

12

-伊東監督にどういう報告をしたいか 徳勝龍 ずっといい報告をしたいと思っていた。

12

横綱・鶴竜を寄り切りで破り初金星! 徳勝龍は左四つになったが鶴竜に土俵際まで寄られる。 もろざしになった御嶽海を朝乃山が上手投げで活路を開こうとするが、上手が切れたところを御嶽海は寄り切りで勝利し6連勝。 『いいんです、千秋楽の相撲を見て皆さん納得してると思いますよ』で、館内ドワー!私、小林アナにもMVP(をあげたい)、ごめんなさい個人的で」と、印象深いインタビューをリードした小林アナも絶賛していた。

11

土俵下での優勝インタビューで徳勝龍は、千両役者ぶりを発揮した。

13

さらにインタビュアーから優勝をいつ意識したか問われ「意識することなく…」と言ったところで「めっちゃ、意識していました」「バリバリ(優勝)インタビューの練習していました」と続けてちゃめっ気たっぷり。 そんな徳勝龍をインタビューしたのが小林アナ。

16