四国 八 十 八 ヶ所。 金剛山 一乗院 藤井寺

これらの本の流布により修行者が行っていた遍路が一般人にも開かれた。

12

得度山 潅頂院 とくどざん かんじょういん きりはたじ 第十番札所 切幡寺• 絹本著色十一面観音像(86番志度寺)• 4cm、平安時代後期作 侍者像4躯と文殊菩薩台座の獅子は竹林寺宝物館保管• 男8時間、女9時間かかるといわれる遍路の難所。

4

遍路における禁じこと まず、一番札所の大師堂で「授戒」をうけて順礼に旅立ちます。 護摩堂(51番石手寺)• 銅鐘(51番石手寺)• 3・現世利益(今生きているこの世での仏の恵み)を感謝し巡拝しながら一つ一つ煩悩を消していく。 鐘楼袴腰造(51番石手寺)• 3cm、平安時代後期作• 大師堂• すでに世界ではパリを出発点にサンティアゴ・デ・コンポステラを最終地とする順礼地「サンテイアゴへの道」が世界文化遺産に登録されています。

16

上西 ・ 蒲 ・ 中野 秋山 様 自家用車遍路 四国八十八ヶ所と高野山めぐりでお世話になりました島根県の安達です。 現在では、お寺の建築物の損傷を避け、持ち運びの利便性を考え、紙製の納札を納札箱に入れることになっている。

7

なお、最近は唱える者は希になったが本堂では寺のを、大師堂では弘法大師の御詠歌を唱える。

9

四国遍路に因む文化 [ ] 人物 [ ] 宮崎建樹が設置した道しるべ(切幡寺) 衛門三郎 は、四国を20回以上巡り空海に詫びを伝え息絶えたと云われる四国霊場にまつわる伝説上の人物。 一時期は峠道や山道などの旧来の遍路道である旧も廃れ、幹線道路を歩くところが多くなっていたが、寺院や自治体や地元の人たち、へんろみち保存協力会などの尽力によって、昔ながらの姿を留めている旧遍路道の復元作業が各地で進展。

4