ハングリー ゴースト。 シンガポール「ハングリー・ゴースト・フェスティバル」を体感

そもそもなぜ帰ってくるゴーストたちは『ハングリー』なのか?ちょっと不思議ですよね。 そして、落ち込んで気がふさぎこむ事がないように、 過ごしていきたいと思います。

16

普通の人の魂は、そこで懐かしい人と再会したり、自分の生前の人生を振り返ったり反省したりして、次の地上への転生を待つと言われています。 それにしても 2週間のフェスティバル期間に合わせて出てくるお化けって、律儀じゃない? 私たち日本人も、郷に入ったら郷に従え、です。

1

ハングリーゴーストのいたずらの仕業なのか、その月に結婚式をあげると何かしらのトラブルに見舞われたりすることもあると言われています。 2、夜に洗濯物を干す 理由:徘徊している霊たちがその服を着て、家の中に入ってきてしまうから。

9

14、旅行 理由:この時期は霊たちが徘徊する時期で人間たちの旅の時期ではないから。 そして、自宅前に祭壇を設けて線香やフルーツ、お菓子を供え、その周りにはお金を模した紙束を置いて燃やします。 もちろん祖先の供養も兼ねてはいるのですが、メインとなるのは基本的に『他人の霊』です。

では、「普通」でない人はどうなるのでしょう? 例えば、この「ハングリーゴースト」達を見てみましょう。 夜遅くまでの外出。

14

私もシンガポールに住んでいる間、たとえ酔っ払って千鳥足で帰った日でも相当に気をつけていました。

8

It is not appropriate to give too crumpled note but also not new notes. これが肉体の死です。

6