👆カルボ システイン 効果。 医療用医薬品 : カルボシステイン (カルボシステイン錠250mg「JG」 他)

また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 非常に稀ではありますが重篤な副作用として、 ・皮膚粘膜眼症候群(SJS) ・中毒性表皮壊死症(TEN) ・肝機能障害 ・黄疸 ・ショック などが報告されています。 【効能又は効果】 〇 下記疾患の去痰 上気道炎(咽頭炎、喉頭炎)、急性気管支炎、気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核 〇 慢性副鼻腔炎の排膿 難しく書かれていますが、基本的には痰が出るような呼吸器疾患に対して、「痰切り」の目的で投与されるという認識で良いでしょう。

・ドライシロップが出て、より内服しやすい味になったが、クラリスドライシロップと混ぜると苦みが強くなるのが難点。 ムコダインとムコソルバンは同じ去痰の効能・効果がありますが、異なるメカニズムを持つ薬です。 ただ、 痰や鼻水などの粘液によって異物を排出するにしても、これらの粘液が柔らかく排泄しやすくなった方が好都合です。

3

(30歳代病院勤務医、呼吸器内科)• 上気道炎(鼻や喉の炎症を伴う 風邪)や気管支喘息、気管支拡張症、などの疾患の 去痰• また、ムコダインのシロップ剤に関しては、約500人の使用実績の結果が確認されており、以下の通りです。 しかし先発品とジェネリックは多少の違いもあります。

17

ムコダインの添付文書(薬の説明書)を見ると、使用した時の血中での濃度は以下のようになります。 ムコダインを使うときに注意が必要な人 肝臓に障害のある人と、心臓に障害がある人はいずれもムコダインを使うときには慎重に使用することとされています。

5

では先発品とジェネリックは同じ効果・効能なのに、なぜジェネリックの方が安くなるのでしょうか。 もしくは、子供は大人に比べて体力が低く、風邪を引いたときなどは疲れやすく眠るようになります。

16

医師の指示を必ずお守りください。 痰を出しやすくするお薬です。 ・副作用が少ないです。

13

去痰(痰の切れを良くする)への作用 痰には体に入ってきた病原菌などの異物を外に出す役目があります。 滲出性中耳炎への作用 ムコダインは滲出性中耳炎にも効果を発揮します。 錠250mg..1回2錠、1日3回服用• カルボシステイン錠500mg「JG」の用途• しかし、ムコダインには眠気の副作用の記載はありません。

19