クラダシ。 社会貢献型ショッピングサイト運営のクラダシが、フードバンク向けマッチングシステムを発表

SDGsで言うとターゲット12. 株式会社クラダシ(以下 クラダシ)は、2015年9月に国連の持続可能な開発目標 SDGsが発足する7ヶ月前に社会貢献型フードシェアリングプラットフォーム KURADASHI(以下 KURADASHI)のビジネスを開始しました。 当選者の方には11月中にダイレクトメッセージにてご連絡させていただきますので、リツイートの際にクラダシ公式アカウントのフォローをお願いいたします。

本件の対応にご理解 いただけない方もいらっしゃるとは思いますが、何卒ご理解いただけます様、宜しくお願い申し上げます。 たとえば、 ・公益財団法人 日本自然保護協会 ・認定NPO法人 国連WFP協会 ・認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会 ・公益社団法人 国土緑化推進機構 などが、食品ロス削減のためにクラダシとともに応援しています。 株式会社クラダシ(以下 クラダシ)は、SDGsが発足する7ヶ月前の2015年2月に社会貢献型フードシェアリングプラットフォーム KURADASHI(以下 KURADASHI)のビジネスを開始しました。

11

普段のスーパーマーケットでの買い物もいいですが、クラダシで安く購入してみてはいかがでしょうか。 サプライチェーンとのつながりで言うと、10月1日に施行された法案にも盛り込まれている内容でもあり、使い切れない、余っているのであれば、足りていないところにあげましょう、つまり フードバンクやこども食堂などを有効活用しようということなのですが、企業側からすると、運用面で難しい問題が多々ありました。

18

LoveTechポイント 画像出典:「今回対象となったフードバンク42団体」より クラダシが提供する「 」といえば、フードロス削減への賛同メーカーより協賛価格で提供を受けた商品を、最大97%OFFで会員へ販売し、売り上げの一部を社会貢献活動団体へと寄付するというスキームの、社会貢献型ショッピングサイトである。 3年前のG7環境大臣総会でも各国の首脳陣が一定要素の確認をし、フランスではもう早々に法制化されていたりします。

そしてさらに面白いところ、本当はここが一番大事なところなんでしょうが、このサイトで売られている商品の代金の一部は社会貢献活動としていろいろな社会活動団体への支援金になるそうです。 そんな商品をお安くゲットできるとなれば、消費者としてもありがたいですよね。

19

【 クラダシで食品ロス削減 キャンペーン について】 対象: KURADASHIを既にご利用いただいている方はもちろん、新規でご登録いただいた方にもご利用いただけます。 その一環として2020年11月27日~12月1日にかけて北川村での第1回目となるクラダシチャレンジを実施。

7