僕 は 明日 昨日 の きみ と デート する。 ネタバレ感想『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を算数の問題のように考えたら普遍的な愛についての考察に繋がっていた件

映画は高寿の時空の流れ(つまり私たちの住む世界の流れ)で進んでいくんですが、最後だけ愛美目線からの 30 日を見せてくれるんです。

6

10年目に至っては、ゴミしか入っていないように見えるかもしれません。

18

「普遍的な愛は、存在するのか?」という問いです。 10年前、サッカーの帰りに愛美とたこ焼きを食べたが、愛美にとっては未来の出来事だ。 このブログのコンセプトは、 「独立独歩〜いざ真の自由を」 どくりつどっぽと読みます。

17

デート終盤には、高寿が思いを伝え 2 人は付き合い始めることに。 作品の構成上、未鑑賞の方はここまででお願いします。 内容としては、失恋映画なんですけどね。

17

未来に進むほどに、愛美の過去に戻っていくから。 そして、2人の運命はすれ違いを始める。

17

そして、語りたい!何度も読み返したくなるめちゃくちゃ面白い設定の作品だったからです。 愛美にとっては、会って二日目時点の話だったと思います。

20

— 朱音 smy2b 恋愛小説で泣きそうになる 軽く泣いた のは、初めてだった… — こうた ikoukouta1009 このように 「涙が止まらない」映画となっているんだそう。 笑 初めてタイトルを見た時は、こういう感あるタイトル好きじゃないんだよなと思っていました。

7

日曜日。 こんな顔じゃ電車乗れない。 。

笑 今度は高寿に相手の思い出の数に応じた振る舞いをするというバトンが回ってきました。

16