ラケル クラウディウス。 ラケル・クラウディウス

幸か不幸か、彼女は今は樫原仁慈と名乗っているものたちに出会ってしまった。

20

本来の統率が極端に低い為に、選手数は常にギリギリ。 「ごめん、ジュリウス! 俺ちょっと行ってくるよ!」 今さっきシェルター内へ入って行ったはずのロミオが、二人の間を抜けて外に出た。 『超気合い』… 稀に気合いで相手の攻撃を耐える。

4

バスターという鈍重で、回避行動に向かない武器。 統率が低くばらけやすい選手を纏められている縁の下の力持ち。 しかし、これ以降『声』(終末捕喰の達成を望むの本能)が聞こえるようになり、これに従っていった結果今のラケルが形作られ、人類を滅びに導く算段を立てていくこととなる。

4

PV(2019年、ナレーション )• 」 斬撃を受けながらも突進するマルドゥークに弾き飛ばされた。

シノビナイトメア(ヒミコ )• どうやら主人公と いつもより綿密な打ち合わせを行ったようだが真相は闇の中である。 母性的な雰囲気を持つ物静かな女性。

9

咲-Saki- 全国編( 高鴨穏乃 )• 『黄惑王の感電』… 相手が「挑発」状態になった時、相手を「麻痺」状態にする。 『放射性惑乱』… 「ラケル・クラウディウス」がトレーナーの時、変化技を使う時、相手より先に行動する。 美脚を交差させて誘惑する・意味深な表情で「もっとよく話し合う必要がある」との言動、グレムがいかにもな「性格悪い金持ちのオッサン」な事もあり、彼女のファンに大きなショックを与えた。

11