ノー コピー ライト ガール。 ソーシャルガール Social GIRL ゆったりノーカラーコート (ライトモカ)

こちらも、天翼種の『天撃』とは異なり、一度撃つと6年の間幼児化するデメリットは存在しない。 後述するアズリールの苦肉の策でもあった。 年齢は1桁台の幼女。

演出 - いしづかあつこ、松村政輝• 後の歴史では、『ニルヴァレン家は存続し、クライヴ家は断絶した』とある。 美術設定 - 大平司• 種の中には体内精霊を暴走させることで物理限界に迫る身体能力を一時的に発揮させる獣人種天性の能力『血壊』を用いる個体がいる(精霊を使えない場においては【十六種族】最強とされる)。 かつて《遊戯の神》と呼ばれた神。

4

2014年4月24日に2回目、2014年5月29日に3回目、2014年6月25日に4回目(最終回)を放送した。

1

他の人物が機凱種を「生物ではない」と(機凱種本人たちを含め)語るのに対し、9巻では唯一「無機生命体」と語る人物。 「『』2013年版」にて作品部門ランキング16位、新作部門2位にランクイン、作品部門ランキングで2014年版10位、2015年版3位、2016年版6位となっている。 あまりにも天才であるがゆえに、周りに理解されず孤立していた。

9

Aとして収録されている短編。 音楽プロデューサー - 若林豪• 神霊種はこのエネルギーを他の神を殺して奪い取り、自身のエネルギーを高めることで顕現させようとした。

1

位階序列七位。 そのため陰でこっそり泣いているクラミーをいつも気にかけている。

容姿については地精種は性別で大きな差があり、男性個体はゴツいヒゲモジャの毛玉である(通常は剃って手入れを行っている)。 クラミー・ツェルの祖先に当たる。 精霊の流れそのものを封じ、残った精霊を『霊壊』させ誘爆させることで一定空間内の精霊を「0」にし、一切の魔法を使えなくする魔法。

4

戦わない『最強』とは、本当に『最強』なのか、永遠の絶頂の中で、アルトシュは退屈にまどろむようになってゆく。 自身が極めて珍しい連結解除された単独機であることをジブリールに悟られた結果、執着に近い興味を引いてしまいやり過ごすことに失敗。 生活力が皆無なシンク・ニルヴァレンのために家事をこなし、彼女の代わりに花冠郷の仕事を行った(全てシンクの指示)。