でかい けつ ゾロリ 公式。 かいけつゾロリ オフィシャルサイト(ポプラ社公式)

ゾロリ小五郎の推理(偶然だが)によって無事見つかった。 には、が発行する子供向け防止のにも起用された。 レギュラーキャラクター ゾロリ• 最後は自らを鍛え直すために、根城のゾロリ城を離れイタズラの修行の旅に出る。

18

かいけつゾロリ大図鑑 キャラクター大全(発売、 ) アニメブック(2012年 - )• ゲームの国のモンスター テレビゲームの世界のモンスターたち。 お腹を空かせている子どもたちに恐竜のたまごを食べさせたい母ゴリラと、たまごを待っている恐竜のママの気持ちを考え、ゾロリはどちらも喜ぶ良いアイデアをひらめかせます。

10

ラーメンに擬態してアーサーを感電させたが、ゾロリまでも巻き込まれてしまった。 そのため「ちょっとダケ」という毒キノコがさし替わりで登場した。 かいけつゾロリ はなよめとゾロリじょう(2011年12月発売、 )• 『大かいじゅう』で怪獣の兄となる。

体はのような半透明の横長ボディでゴールを覆うように完全ディフェンス。 ラーメンに擬態してアーサーを感電させたが、ゾロリまでも巻き込まれてしまった。

19

2作完結の一部の作品の表紙は合わせると一つの絵になるものもある。 全52話。

19

王ダコ(アニメ版ではタコ足八本くん) 声 - 背番号1。 かいけつゾロリの眠りの森の姫(発売、 ) ゾロリ2 in 1(2005年 - 2006年)• プレー中によるケガ人も多く、ゾロリらと初対面時は既に5人しかいなかった(アニメに出たのはこの5人のみ)。

20

警官 声 - いずみ尚 カバのレポーター 声 - 坂口候一 校外学習の先生 声 - 川瀬晶子 校外学習の生徒たち 声 - 、高橋裕吾、、、、 大入道メカ その名の通り、大入道を模したメカ。

『きょうふのカーニバル』ではヤギヤギ町のライバルであるカメカメ町のスポンサーを引き受けたが、カーニバルやアイドルを利用して巨大なビジョンから自社の宣伝ばかりしたため観客の怒りを買ってしまい、優勝を逃がしてしまった(しかし、敗因を作ったにも関わらず自身は「なぜ負けたのか分からない」と全く反省していなかった)。 (非売品ビデオ版)• アニメではタイムを計ったりヒーローショーの主人公など、エキストラだけでなく一言のみのナレーターのような役目も受け持っていた。 まじめにふまじめでは写真を見れば一時的に変身できるようになった。

13