共 成 レンテム。 共成レンテム(9680)

3、4年前からレンタル資機材を中心に設備投資を積極的に進めたため、売り上げに跳ね返った格好だ。 買い注文が殺到し、引けの15時に1080円で取引成立。

3

10時46分に1593円の安値。 出来高は10000株。 (平成17年) - と資本、業務提携。

16

)は、に本社を置くなどのを行う企業である。 TOB期間は2016年7月26日(火)から9月6日(火)までの30営業日。 配当は無配、株主優待は廃止。

16

土木工事の際は、地下と地上の作業を同時並行で進める逆打ち工法の技術が今後、強く求められるだろう。

アクティオグループとしての成長過程で、北海道のマーケットは重要視されている。 (平成3年) - 株式を店頭公開。

9

(平成28年) - アクティオホールディングスがを実施。 受注確保のため価格での競争になると、弊社も巻き込まれるだろう。

10

普通のバックホーやダンプだけでなく特殊な機械も必要になるため、工事に参画できるよう準備を進めたい。 アクティオHDでは、中長期的な経営方針を打ち出していて、それに沿った成長路線を共成レンテムとして進める。 同日付で社長に就任した石井丈夫氏に今後の経営戦略を聞いた。

(38年) - 共成電機産業株式会社設立。