週刊 文春 中 吊り。 山田孝之と真剣佑「美女密着デート」「美ら海クルーズ」“来県自粛”の沖縄でバカンス満喫《現場写真》

「複雑な状況なので誰かに聞いてほしいという部分は出てくると思う。 背負っているリュックは品切れとなり、昼食メニューには注文が殺到。 そのため藤井四段の顔写真がなぜか、尿漏れ記事の横に添えられてしまったのだ。

20

その藤井四段にテレビや雑誌の取材が殺到する中、「文春砲」で知られる週刊文春も参戦。

6

そのためアナウンス室内部の犯行と見られ、複数の名前が挙がっている」(別のテレ東社員). 有力な情報を入手するため、飲食店などでターゲット以外を全員記者で埋め尽くすこともあるのだという。 衝撃の文春砲はどうやって生み出されたのか? 「記事がデカくなりそうだと1ヵ月、下手したら半年とか追い掛ける」と赤石さん。

4

今年の大型連休に沖縄へ来る予定の方が航空会社の予約によると6万人余いるとのこと。 「文春」快走の一方、特に芸能関連報道においては、他誌は「文春」に対し劣勢の感がぬぐえないが、その背景について、週刊誌関係者は次のように明かす。 テレビ東京関係者によれば、会社は女子アナ2人を呼び出し、アナウンス部長が聞き取り調査を行ったという。

12

赤石さんは「要は政治家とか慰安婦問題の支援活動かみたいな人たちが"日本が悪い"と大声で言うので、それが日本に伝わってきて"韓国の人は変だ"という意見が出るという不幸な構造がある」と分析。

6

しかし、出版不況でどこの出版社も厳しい経営環境を強いられており、以前のように取材にふんだんに経費と時間をかけることが許されなくなっているのが実情です。 閣僚から首相への批判が噴き出すようになった。 「できっこないことばかり」(武田総務相)、「自衛隊出すなんて聞いてない」(岸防衛相)。

18