明智 光秀。 謎に満ちた明智光秀 「本当の人物像」とは?

また、歴史は観光にも役に立ちますよね。 このことから山崎の戦いは、短い期間だけ権力を握ることを示す成句「三日天下」の由来にもなっています。

14

私が思うに自分の屋敷に信長が日常的に泊まっていたってことが、いざとなったら殺せるという自信になったのではないかと思います。

8

光秀はその年の暮れ頃より琵琶湖畔に新たな城を築き始めた。 この娘は絶世の美女です。

8

(信長の家臣になった)光秀は石高で1000石の旗本になり、石高がどんどん上がっていきます。

1

姉川(あねがわ)の合戦である。 あいつは、金持ちだから偉いとか、有名だから偉いとか、地位の高い役職についているから偉いとか。 本能寺の変が起きる前に、織田勢力内ですでに軋みが生じていた。

1

そのため、比叡山焼き討ちを積極的に行った姿は意外に映るだろうが、信長配下の有力武将であれば、それは当然の選択だった。 『信長公記』には「(信長は)年来の御胸朦(ごきょうもう、うっぷんのこと)を散ぜられおわんぬ。

10

また比叡山を屈服させれば、信長を苦しめる包囲網の一角に大きな穴が開くことを、光秀は冷静に読んでいたと思われる。

9

本願寺と村重が結ぶことで、光秀が攻めている波多野氏ら丹波勢や、秀吉が対峙する播磨三木(みき)城(兵庫県三木市)の別所(べっしょ)氏に、後方からの支援が可能になる。 将軍の無事を確認した信長は、寺の防備を固めて、敵を寄せ付けなかった光秀の働きを認め、信頼を深めたのではないだろうか。

4

これでは、歴史が、タバコや酒と同じ扱いです。 なぜ本能寺の変を起こしたのか 桔梗紋 丹波領有と畿内方面軍司令官 光秀の丹波平定について、信長は「丹波国日向守働き、天下の面目をほどこし候。 日本にはナンバーツーという言葉はありませんが、光秀は織田家において、その地位にあった人物といえるでしょう。