謎 の 飛行 物体 仙台。 宮城県が「UFO」に認定!謎の「白い飛行物体」はドイツから飛んできた!?

アンテナ中継基地ですので、当然、定点滞空技術が搭載されています。 宮城県危機対策課の担当者は「県警や自衛隊、大学などと連絡を取っているが、有力な手掛かりはない。 2.熱気球などの飛行士に発行される航空機向けの障害物情報が出ていない。

8

仮にこれが「気球」だったのなら、航空管制運行情報官に事前申請や許認可の届け出がなかった時点で、この物体は航空法違反の可能性が高い。 軍事用で、米軍が関係する高高度の観測気球プラットフォームで、飛行テスト? 青森県の三沢基地や、その隣の「象の檻」があった姉沼通信所からだと少し遠いか? もしかして韓国や中国で離陸させて、東シナ海や日本海を越えてきた? ・・・そろそろ妄想になってきた。 ラジオゾンデが取り付けられた気象観測用気球とも似ていますが、一般的な気象庁のものとは違うようです。

8

大きな動きがないまま数時間も仙台上空を滞在していたこと飛行物体に関して「原因不明」、「正体不明」などわからないままにしてほしくない出来事です! 今後、詳細がわかり次第情報を更新していきます。

7

Korea, DPRK kimyojong870926 このようなツイートが数多く投稿されており、 本物の金与正のアカウントではという声もあるようです。 11時30分頃 - 上空で目撃された。

16

1kg)しかない。 地上での離陸前の直径は約2m・容積は約5立方m。 なぜわからないのかは次の飛行している高度に関係しています。

16

北朝鮮から飛んできたものでは?という声も多かったです。 同日正午までに、宮城県亘理町や白石市、大崎市などの住民から「空に白い物が浮かんでいる」との110番が十数件あった。

17

。 <目次>• これはなんでしょうか? 仙台市天文台からも見えているようですが、蔵王町からも見えています。

18

これが調査をした結果わからなければ、晴れて未確認飛行物体(UFO)となります。 軍用気球である可能性も十分に考えられます。

10

通常であればこういった届け出が必要になります。