只見 線 運行 状況。 只見線 運行状況に関する今日・現在・リアルタイム最新情報|ナウティス

: により会津川口 - 会津大塩間で只見川第5 - 第7橋梁が流失、また会津坂本 - 会津柳津間で路盤が流出し、会津坂下 - 小出間が不通となる。

只見駅の転車台が使用できない場合、上り列車の牽引機として会津若松方に増結される。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道仙台支社, 2012年9月7日 , の2015年7月21日時点におけるアーカイブ。 (昭和17年) : 只見線として小出 - 大白川 26. (昭和38年) : 会津川口 - 只見 27. 2013年6月12日時点のよりアーカイブ。

16

『鉄道ファン』2015年5月号、交友社、P73-74• 会津鉄道会津線の起点は西若松駅であるが、全列車が会津若松駅へ乗り入れる。 : 黒又川仮乗降場(入広瀬 - 柿ノ木(仮)間)を新設。 会津柳津 - 小出間は、別表第29号前段に規定する予定線「福島県柳津ヨリ只見ヲ経テ新潟県小出ニ至ル鉄道」である。

9

冬前の復旧を見込む。

この夏は、絶景のトロッコ列車に乗って、ローカル線の旅をお楽しみください。

18

12月1日 : 会津宮下 - 早戸間で線路に落石があり、上り回送列車が乗り上げ、先頭車が鉄橋脇に転落、2両目が脱線し、運転士が負傷する事故が発生。 遅延証明書 鉄道会社のHPで遅延証明書を取得できるので必要な方はネットを活用しよう | 振替輸送 振替輸送とは、お客様が支障区間の乗車券をあらかじめお持ちの場合で、列車の運転に支障があった際、当社の路線又は当社が他の鉄道会社に依頼して、お客様の所持する乗車券の区間内を、他の経路によりご利用いただくものです。 それを望むのであれば、不通になる以前に達成できていたはずである。

17

に(1967年から季節列車としてまで延長)・・喜多方駅の3方向からの列車をで取りまとめて仙台駅へ向かう形態となり、には急行へ格上げされ、からは「あいづ」の愛称が上野駅 - 会津若松駅間の特急に使用されることになり、「いなわしろ」と改称された。 沿線は豪雪地帯のため、冬期間は併結相手が遅延して何時間も来ないこともあったが、主要道の除雪もままならない時代だったことから、地域住民の貴重な足として運行され続けた。 衛星携帯電話・GPS設置工事を施工した新津運輸区所属の100番台1両と200番台3両が小出駅 - 只見駅間で運用されている。

10