石灰 硫黄 合 剤。 果樹の石灰硫黄合剤散布で大失敗!!

それ以前に、強アルカリで器具を傷める上に取り扱いや散布に通常の農薬以上の注意を要するので、そのデメリット以上のメリットがあると信じる人以外は、あまり使わないのが最近の傾向では。

16

該当なし• 農薬事故はそんなに発生するようなものではなく、そもそも発生してはいけないもの、用法を守れば発生し難いもの、なのかもしれません。

ミカンの収穫に先立って本剤を散布すると果実の着色を促進し、さらに貯蔵力を増す。 とりあえず。 報告書は石灰イオウ合剤が付着したら,自覚症状がなくても,直ちに洗浄すべきであることを農業者に周知して,治るのに時間を要する化学熱傷を減らすことが望まれることを強調している。

茶の摘採前50日以内の散布はさける。 と思います。 さてカイガラムシの駆除ですが、使用危険性の高い石灰硫黄合剤を使わな くても、安全性の高いマシン油乳剤を使用された方が良いのではありませ んか。

14

他の薬剤の臭いが消える期間は御存知かと思いますが、この薬剤の場合 は更に長時間の異臭が続きます。 ベダリアテントウムシは、成虫・幼虫ともに柑橘系の果樹に付くワタフキカイガラムシ科のイセリアカイガラムシを捕食しますが、それ以外の種は食べないとされています。 該当なし• <タ行>• しかし,石灰イオウ合剤が付着したら直ちに石けんと水で15分以上洗浄することが必要であり,付着してから1時間以上経過してから洗浄しても効果がない。

12

そんなこと言ったら、包丁だって販売出来ませんよ。 りんご腐らん病に対する休眠期散布は、秋季根雪前及び春季発芽前に行ってください。

5