禍 読み。 コロナ渦・コロナ渦中の読み方「うず」は間違い?正しい漢字や意味は?

【関連記事】• 「禍」という漢字 音読みは「か」で、訓読みは「わざわい」だそうだ。 それは、周りの人々に放送で避難を呼びかけていた方が逃げ遅れ、津波に巻き込まれて亡くなったというとても悲しい被害です。 また、既に熊本などで大きな被害を出した熊本豪雨が発生するなど今年も災害は待ってはくれません。

19

政府や店舗では注意喚起の情報を積極的に発信していますが、冷静さを取り戻させるには至っていないといえるかもしれません。 「禍根・禍福/奇禍・災禍・惨禍・水禍・舌禍・戦禍・筆禍・輪禍」 [難読]禍事 まがごと ・禍禍 まがまが しい 《「曲 まが る」と同語源》よくないこと。

15

「 禍」で、皆さん読めますか? この「禍」は、音読みで「 カ」と読むので「コロナ禍」と書かれていると「 コロナカ」と読むことになります。 そんな中でオンラインでイベントやライブを公開して収益を上げているアーティストやパフォーマーも現れるなど、業界のマネタイズ手段が多様化する一因にはなっているかもしれません。 またイベントやライブなどの自粛もあり、キャンセルが相次いだというケースも見られました。

恥ずかしい思いをしないように、これからはしっかりと見たいですね!. では今回、なぜ「コロナ禍」ということばが使われるようになったのか? 端的にいえば、「簡潔な表現が必要されたから」ということのようだ。

14

私は恥ずかしながらこの意味を知りませんでした。

訓読みは「あな」とか「いわや」などです。 「禍根・禍福/奇禍・災禍・惨禍・水禍・舌禍・戦禍・筆禍・輪禍」 [難読]禍事 まがごと ・禍禍 まがまが しい 《「曲 まが る」と同語源》よくないこと。 感染者や死者が増加の一途を辿る新型コロナウイルスは、その言葉を見聞きしない日がないくらい連日報じられているのは周知の通りです。