百 日 祝い。 お食い初め(百日祝い)とは?やり方は?やる日の計算ツールつき!

お祝いをする時期が100日前後であることから、「百日祝い(ももかいわい)」、現代では「100日祝い(ひゃくにちいわい)」とも呼ばれます。

12

器の漆の色も赤ちゃんの性別で異なり、男児は内外ともに赤色で、女児は黒色で内側が赤色である [ ]。 日取りのいい日で、だいたい100日前後で予定をしておくといいでしょう。 「百日の一粒食い」とも言われることから、ご飯などを一粒でも口にさせるとさらに良いという地域もあるので、一粒位であれば挑戦してみても良いかもしれません。

百日祝いで頂くお祝い金の相場はどのくらい? 基本、お食い初めは極々内輪でのお祝いになりますので、 当日参加した方だけがお祝い金を渡します。 赤ちゃんとパパ・ママのみで行うか、両親の祖父母を呼ぶケースが多いようです。

3

その日の食事代を目安とし、相場内で決めておくのが良いでしょう。 ちなみに、御祝儀袋や熨斗の水引ですが、 紅白の蝶結びは「何度あっても良い御祝い事」に使用し、 紅白の結び切りは「一度きりであってほしいお祝い事」 (結婚祝いや快気祝いなど)に使用します。 お魚などはみんなで取り分けたりして、汁物やご飯は多めに用意しておけば、儀式の後にみんなで食事が楽しめます。

というのも、今ではあまり行われていませんが、昔は、生後100日までは「神さまの子ども」として白い産着を着ていた赤ちゃんが、101日目(もしくは100日目の夜)に色付きの小袖を着る 「色直し式」という風習があったから。 流れは非常に簡単で、まず小石を3個程用意し、それらを箸に触れさせ、その箸を赤ちゃんの口につけてあげましょう。 お返しを選ぶ際の金額は、その方から 頂いた金額の 3分の1から2分の1を目安に選ぶといいでしょう。

6

ちなみに、この儀式には「小石の様な硬いものでも食べられるくらい丈夫な歯を授かります様に」という願いが込められています。

11

詳しくは「」や「」もご覧ください。

6

お祝いの金額の相場は? 一般的には 5千円から1万円程度となりますが、会食の場所がとても高級な場所などであればその食事代程度になるように包むと良いでしょう。

7

呼べる場所に住んでいるのであれば、赤ちゃんの祖父母も誘ってみるといいでしょう。 これから長いお付き合いになるわけですし お互いのかわいいお孫さんのお祝い事なので。 献立をお祝い膳に用意 献立は一汁三菜です。

20