Zoom パネリスト。 Zoomウェビナーの使い方|パネリストの招待方法も解説

4-3. まずは、パネリストにどこまでの権限を付与するかを設定。 パネリストは、Zoomミーティングのように、ホストと同じように発言やドキュメント等の共有、注釈の閲覧送信が可能。 パネルとは英語で有識者という意味があります。

12

コントロールバーの参加者をクリックして出てくるパネルの詳細からピン留めをします。

アプリダウンロード後、以下の手順で参加準備を行なってください。 Zoomウェビナーの使い方 Zoomウェビナーに興味があっても、具体的な使い方がわからず、最初の一歩が踏み出せないという人も多いのではないでしょうか。 アンケート機能を使えば聴講者の理解度がわかる ホスト 主催者 はアンケート機能 投票機能 も設定できます。

19

Q&Aでお客様の質問を受け付けることができるため、チャットで受け付けるよりも受講者からの質問を拾いやすく、視聴者が質問しやすい• しかし、まれに本名以外のお名前で入室される受講者がいらっしゃいます。 チャット機能を用いたやりとり• 5-3. ここでいう管理とは、参加者を「パネリスト」と「視聴者」に分けるということを意味します。

4

初めての開催で準備ができるか不安…という方は、ぜひ弊社の専門スタッフにお気軽にご相談ください。 zoomのウェビナーに欠かせない3つの要素 Zoomのウェビナーは使いやすさはもちろん、多彩な機能が搭載されていることから大きく注目を集めているのです。

19

このような双方向性を持たせることで、質問を行ったパネリストだけでなく、視聴者全体に対しても、理解を深めさせることができます。 ご利用中のセミナー管理ツールやマーケティングオートメーションよっては、自動返信メールにファイルを添付できない場合があります。 ここでは、その理解に欠かせない3つの要素について解説します。

9

ZoomウェビナーはGoogle Chromeのアドオンの追加で使うことができます。 そこで、どちらに問題があるかを判断するために、講師以外のサポートスタッフもウェビナールームに入室しておきましょう。

12