プラ ごみ。 「日本のプラごみの量は世界2位」知らなかった80.5% 「使い捨て容器や袋が過剰だと思ったことがある」85.2% MYバッグの次は「MY詰め替えボトル」「MY容器」が来る? |株式会社オレンジページのプレスリリース

そして環境中に流出したプラスチックのほとんどが最終的に行きつく場所が「海」です。

当時は報道の過熱もあり、社会問題として注目されました。

16

まるでわなを仕掛けるように、そっと入れられた「お渡し用袋」にがっくり=鈴木暁子撮影 はい、負けました。 行政もこの現状を知らないわけはないのですが……。

19

まだ耳慣れないという人のために、バイオマス燃料の基礎知識をまとめました. プラスチックに代わる代替品が十分に確立されていない中で、削減余地の大きい「使い捨てプラスチック」の生産・使用を減らしていくことこそが、日本でも優先的に取り組むべき課題として重要なものであるとWWFジャパンは考えています 日本で取り組むべきこと:サーマルリカバリーを含む燃焼処理からの脱却 日本では、プラスチックのリサイクル、有効利用が進んでいるとする意見が聞かれますが、実はこの中身には、焼却による「熱エネルギーとしての再利用」が多く含まれています。

私がずっと気になっていたのは、プラマークの横に書いてあるPPやPEなどの文字です。 具体的に見ていくと、「家庭から出るプラごみが環境に与える影響が大きいと思う」という意見には89%、「プラごみを出すことが後ろめたい」という意見には53%の人の賛同を集めました。

「ごみ原料のペレットは強度が弱く、安物の限られた製品しか作れないのです」。 日本人は、一生懸命分別回収した廃プラは、きっと新しいプラスチック製品に生まれ変わったりしていると思っているのだが、実際にはそのほとんどは、国内で燃やされて消えてなくなって終わりだ。

訪ねた私に博士はこう言います。