東 九 フェリー。 Vol.11 虹からひまわりへ#2 日本海を去った「白い船」

(VESTA) 3,664総トン。 - 津軽海峡フェリーへのリンクのみ• 車両積載数:8tトラック45台、乗用車40台。 同小の校長先生がこの年に室蘭を訪問された際、室蘭埠頭公社に渡したものである。

札幌本社が存在した蔦井ビル (札幌市中央区・2005年 現存せず) 略称 HFG 本社所在地 〒064-0804 札幌市中央区南4条西11丁目 蔦井ビル 2F(札幌本社) 本店所在地 〒041-0821 港町3-19-2 (函館本社) 設立 1965年3月22日 事業内容 一般旅客定期航路事業・貨物運送取扱事業 代表者 蔦井政信(代表取締役社長) 支店舗数 9 特記事項:初代法人・2005年解散 東日本フェリーは、大正時代に炭鉱業で栄えた海に面していない(当時の歌志内村)で陸運業・商業を興し、昭和初期にと・間の航路(の前身)を開設させ、その後も北海道内で海運・倉庫業など事業を拡大させた実業家(石川県出身)が、1961年に出資母体となる道南海運の取締役社長に就任したのが源流である。 前項のリベラが吸収合併した初代東日本フェリーの事業を2007年に譲渡させ、事業分割を行った。 :リベラ、旧・東日本フェリーに対する支援表明。

全長74. インキャット社(オーストラリア)建造。

17

旅客定員450名。 函館港 - (1969年 - 1993年)• 下着や着替えさえ持って入れば、手ぶらでフェリーに乗っても大丈夫なくらい完備されています。

10

海路 九州と一直線 - 1996年4月10日 北海道新聞朝刊25面• 1989年就航、1998年イタリアへ売却。 室蘭 - 大間航路に就航。

12

楢崎造船建造。 旅客定員800名。