失念 意味。 「失念」の意味とは?「放念」との違いや正しい使い方について解説【ビジネス用語】

忘却の使い方 忘却を使った分かりやすい例としては、「エビングハウスの忘却曲線を意識して学習する」「脳科学からみた記憶と忘却」「忘却なくして幸福はあり得ない」「てんかん患者の忘却促進現象」などがあります。 それでもダメなときには、ここで紹介している「失念しておりました」というフレーズを用いましょう。 同僚の業務も抱えることになったため、ものごとに対して忘失することが増えた。

17

うしなう。

15

・大事なパスワードを失念してしまい、面倒なことになった。

4

見忘れ• 見逃し• 忘れてしまったものは仕方がありませんが、大事なのは、その後の対応ではないでしょうか。 ただし、実際にうっかりミスやど忘れをしたときにストレートに「うっかりミスをしてしまいました」や「ど忘れしてました」などと伝えるのは好ましくありません。

5

そのうえ、もし間違った場合でも修正・修復が可能ですから、実戦の場として適切でしょう。 お約束の日時を失念いたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

8

自分自身の行動に対して使う「失念」と比較すると、「忘失」は自分自身を含んだ不特定多数・物理的な喪失に対して使うという違いがあります。 以下に「ご放念ください」の利用シーンの例を挙げます。

9

例文5の「ご失念ください」という表現は誤りです。

2

その事情説明は、相手が求めていない場合には長々と話されても鬱陶しいと思われてしまうだけですので、出来るだけ要点を短くまとめて、かつ誠意を込めた謝罪をするように努めましょう。 仕事中にうっかり忘れてしまい、それがミスになってしまった時には上司に報告をする必要があります。