ゼロ の 使い 魔 ss クロス。 裏道街堂 > 作品の紹介(紹介文付) > ゼロの使い魔

現在までの出荷数は計 - 人です。 魔法なんてものが存在するとは思ってもおらんかったわい。 2012年8月31日 を転載。

12

ホル・ホース• 気になったところがあればどんどん指摘してくださいな。 メイド達が現代の文化に慣れていく様子や、領地経営、貴族間の駆け引き等が面白く、おすすめの作品です。

4

ガンダールヴだけでなく、ヴィンダールヴとミョズニトニルンの力も手に入れた才人が大活躍します。 タイトル 更新日時 ゼロの使い魔編 プロローグ 2012年 07月 20日 22時 00分 2012年 07月 23日 22時 08分 第一章 土くれのフーケ 2012年 09月 15日 23時 33分 2012年 09月 15日 23時 49分 2012年 09月 16日 00時 23分 2012年 09月 16日 00時 51分 2012年 09月 17日 22時 48分 2012年 09月 17日 14時 07分 2012年 09月 18日 21時 45分 2012年 09月 20日 23時 15分 2012年 09月 21日 00時 05分 2012年 09月 21日 14時 29分 2012年 09月 21日 15時 27分 2012年 09月 30日 22時 03分 2012年 09月 21日 20時 58分 第二章 風のアルビオン 2012年 09月 23日 19時 56分 2012年 09月 23日 23時 19分 2012年 09月 27日 00時 42分 2012年 09月 28日 15時 30分 2012年 09月 30日 22時 08分 2012年 10月 02日 22時 03分 2012年 10月 03日 21時 36分 2012年 10月 05日 21時 42分 第三章 始祖の祈祷書 2012年 10月 06日 21時 32分 2012年 10月 08日 20時 27分 2012年 10月 09日 08時 04分 2012年 10月 11日 22時 13分 2012年 10月 12日 09時 26分 2012年 10月 14日 13時 21分 2012年 10月 15日 08時 05分 2012年 10月 18日 01時 05分 2012年 10月 18日 20時 01分 2012年 10月 20日 14時 08分 第四章 誓約の水精霊 2012年 10月 20日 14時 15分 2012年 10月 21日 13時 45分 2012年 10月 23日 19時 24分 2012年 10月 24日 20時 40分 2012年 10月 27日 23時 21分 2012年 10月 30日 02時 46分 2012年 10月 30日 23時 06分 2012年 11月 03日 02時 04分 2012年 11月 05日 22時 47分 2012年 11月 13日 22時 42分 2012年 11月 18日 00時 36分 2012年 11月 23日 14時 11分 2012年 11月 27日 00時 54分 2012年 11月 29日 08時 39分 2012年 11月 30日 01時 18分 2012年 12月 08日 21時 48分 第五章 トリスタニアの休日 2012年 12月 14日 19時 33分 2012年 12月 15日 17時 15分 2012年 12月 21日 01時 30分 2012年 12月 27日 01時 25分 2013年 01月 05日 01時 45分 2013年 01月 08日 15時 00分 2013年 01月 16日 22時 20分 2013年 01月 19日 23時 59分 2013年 01月 23日 01時 01分 2013年 01月 25日 20時 33分 第六章 贖罪の炎赤石 2013年 01月 26日 21時 06分 2013年 01月 29日 01時 31分 2013年 02月 04日 00時 52分 2013年 02月 12日 23時 14分 2013年 02月 24日 20時 56分 2013年 03月 08日 23時 41分 2013年 03月 26日 01時 49分 2013年 04月 01日 21時 47分 2013年 04月 03日 21時 59分 第七章 銀の降臨祭 2013年 04月 05日 01時 19分 2013年 04月 10日 05時 25分 2013年 04月 14日 04時 29分 2013年 04月 19日 21時 14分 2013年 04月 25日 22時 19分 2013年 05月 07日 02時 54分 2013年 05月 08日 22時 10分 第八章 望郷の小夜曲 2013年 05月 10日 20時 40分 2013年 05月 14日 00時 05分 2013年 06月 16日 00時 53分 2013年 06月 18日 20時 43分 2013年 06月 28日 00時 02分 2013年 07月 01日 00時 15分 2013年 07月 07日 00時 42分 2013年 07月 19日 00時 44分 2013年 07月 27日 11時 27分 2013年 07月 30日 15時 34分 第九章 双月の舞踏会 2013年 08月 01日 20時 57分 2013年 08月 05日 01時 34分 2013年 08月 09日 00時 46分 2013年 08月 14日 21時 52分 2013年 08月 23日 23時 15分 2013年 09月 04日 10時 06分 2013年 09月 07日 20時 50分 2013年 09月 13日 23時 55分 2013年 09月 21日 08時 45分 2013年 09月 28日 12時 07分 2013年 10月 09日 22時 58分 第十章 イーヴァルディの勇者 2013年 10月 12日 12時 26分 2013年 10月 22日 23時 22分 2013年 11月 04日 00時 39分 2013年 11月 26日 23時 22分 2013年 12月 25日 02時 59分 2013年 12月 30日 10時 30分 2014年 01月 07日 20時 51分 2014年 01月 12日 01時 08分 2014年 01月 18日 02時 47分 2014年 01月 19日 23時 30分 2014年 01月 26日 00時 06分 第十一章 追憶の二重奏 2014年 02月 01日 21時 59分 2014年 02月 08日 01時 51分 2014年 02月 15日 19時 25分 2014年 02月 22日 02時 26分 2014年 02月 26日 00時 31分 2014年 03月 11日 22時 59分 2014年 03月 21日 22時 14分 2014年 04月 20日 23時 26分 2014年 05月 02日 22時 46分 2014年 05月 11日 22時 44分 2014年 06月 01日 07時 30分 2014年 06月 08日 02時 00分 2014年 06月 14日 02時 00分 第十二章 妖精達の休日 2014年 06月 22日 17時 25分 2014年 07月 07日 22時 33分 2014年 07月 16日 21時 33分 2014年 07月 20日 00時 26分 2014年 08月 03日 03時 38分 2014年 08月 15日 20時 47分 2014年 08月 18日 22時 39分 2014年 08月 20日 23時 09分 第十三章 聖国の世界扉 2014年 08月 24日 04時 21分 2014年 09月 05日 22時 15分 2014年 09月 14日 08時 30分 2014年 09月 20日 22時 34分 2014年 09月 29日 00時 19分 2014年 10月 11日 00時 06分 2014年 10月 25日 20時 19分 2014年 11月 01日 22時 16分 2014年 11月 09日 23時 07分 第十四章 水都市の聖女 2014年 11月 16日 00時 30分 2014年 11月 22日 08時 39分 2014年 11月 29日 00時 33分 2014年 12月 14日 00時 26分 2014年 12月 28日 21時 26分 2015年 01月 12日 03時 22分 2015年 01月 30日 22時 46分 2015年 02月 14日 08時 09分 2015年 03月 02日 00時 42分 2015年 03月 22日 11時 17分 2015年 03月 28日 21時 03分 第十五章 忘却の夢迷宮 2015年 04月 06日 23時 46分 2015年 04月 18日 23時 08分 2015年 05月 03日 12時 07分 2015年 05月 31日 01時 31分 2015年 06月 29日 21時 22分 2015年 07月 14日 23時 06分 2015年 07月 26日 09時 56分 ゼロの使い魔編 2015年 08月 22日 22時 31分 2015年 09月 06日 21時 36分 2015年 09月 12日 21時 50分 2015年 09月 21日 22時 41分 第十六章 ド・オルニエールの安穏 2015年 10月 24日 22時 10分 2015年 11月 08日 13時 37分 2015年 11月 14日 22時 35分 2015年 11月 23日 23時 06分 2015年 12月 26日 23時 06分 2016年 01月 22日 23時 14分 2016年 02月 21日 22時 08分. 優秀な弟を妬むギーシュやルイズ・モンモランシとの交流など原作と異なる部分が多く、面白く読める作品でした。 2013年03月29日 金 08:07 第一章 土くれのフーケ編 2013年03月29日 金 09:30 改 2013年03月30日 土 09:00 改 2013年03月30日 土 20:42 改 2013年03月31日 日 11:23 改 2013年03月31日 日 22:42 改 2013年04月01日 月 11:35 改 2013年04月01日 月 21:12 改 2013年04月02日 火 10:57 改 第二章 病弱なカトレア編 2013年04月03日 水 09:54 改 2013年04月03日 水 20:59 2013年04月04日 木 16:57 2013年04月05日 金 16:37 2013年04月07日 日 18:37 2013年04月14日 日 10:13 2013年04月14日 日 16:39 2013年04月26日 金 08:13. を転載。

7

ミッドチルダやベルカの魔法とハルケギニア魔法との違いが独自解釈によって説明されている描写が多いのですが、非常に納得できる内容で読みやすく、この作品をおすすめしたい理由の一つになっています。

7

そこでの一人の謎めいた女性との出会が、彼女の運命を大きく変えるのだった。

wikiを更新した方は避難所の「」 へ入力をお願いします• タイトル 更新日時 第1部 ゼロの使い魔 2014年 10月 27日 13時 42分 2014年 10月 27日 16時 29分 2014年 10月 29日 17時 10分 2014年 10月 30日 23時 42分 2014年 10月 31日 23時 11分 2014年 11月 01日 20時 08分 2014年 11月 03日 23時 23分 2014年 11月 06日 22時 25分 2014年 11月 10日 01時 06分 2014年 11月 10日 21時 27分 第2部 風のアルビオン 2014年 11月 11日 20時 53分 2014年 11月 16日 22時 21分 2014年 11月 22日 21時 09分 2014年 11月 25日 01時 10分 2014年 12月 13日 21時 14分 2014年 12月 22日 00時 07分 2014年 12月 23日 00時 31分 2014年 12月 23日 21時 42分 2014年 12月 25日 01時 21分 第3部 始祖の祈祷書 2014年 12月 26日 18時 30分 2014年 12月 28日 19時 24分 2014年 12月 29日 22時 09分 2014年 12月 30日 15時 40分 2015年 01月 05日 22時 11分 2015年 01月 09日 21時 56分 2015年 01月 10日 11時 59分 2015年 01月 11日 23時 37分 2015年 01月 24日 15時 55分 2015年 02月 03日 11時 03分 第4部 誓約の水精霊 2015年 02月 09日 23時 33分 2015年 02月 12日 00時 55分 2015年 02月 14日 12時 51分 2015年 02月 15日 01時 05分 2015年 02月 19日 22時 38分 2015年 02月 27日 00時 27分 2015年 03月 02日 00時 12分 2015年 03月 04日 00時 01分 第5部 トリスタニアの休日 2015年 03月 04日 09時 21分 2015年 03月 09日 00時 41分 2015年 07月 11日 00時 36分 2015年 08月 17日 01時 26分 2015年 08月 19日 23時 48分 2016年 03月 26日 22時 40分 2016年 08月 23日 03時 03分 第6部 贖罪の炎宝石 2016年 09月 20日 23時 09分 2016年 09月 22日 20時 58分 2016年 09月 28日 00時 23分 2017年 09月 06日 23時 32分 2019年 10月 15日 21時 35分 2021年 01月 15日 14時 09分. ミッドチルダやベルカの魔法とハルケギニア魔法との違いが独自解釈によって説明されている描写が多いのですが、非常に納得できる内容で読みやすく、この作品をおすすめしたい理由の一つになっています。

5

85 ID:UIr07w6z ・男達の使い魔 「しかし、ここは面妖なところじゃのう。 様々な出会いやアクシデントを通じて貧民から商人へと成長し、成り上がっていく主人公が見所です。 実は一方通行無双ではなくルイズの暴走ッぷりを楽しむSS 爆走桃色娘と白髪狂人の行く先をぜひ見守っていただきたい。

8