パナソニック ロボット。 パナソニックの「NICOBO」(ニコボ)体験レビュー(1) 話題の「弱いロボット」見て触れて会話してきた

自律搬送ロボットHOSPI HOSPIは薬剤や検体の搬送を自動で行う自律搬送ロボット。

13

2018年12月14日• リショーネはベッドが半分に分離し、そのままリクライニング車いすになります。

「うまくコラボできたら、社会実装も夢ではないと考えた」と岡田氏は当時を振り返る。

パナソニックは、人と共存するロボットとして、ロボット掃除機「ルーロ」、病院内で薬や検体を自走して運ぶ「HOSPI」やロボット介護機器「リショーネ」を発売。 このロボットは、細やかな動きをセンシングし、その情報に基づき高齢者の状態を予測します。

1

Tags :• 今回、本ロボットの量産化技術を確立し、介護事業者や病院向けに継続的な歩行トレーニングをサポートする歩行トレーニング支援サービスを提供します。

谷口氏は、現在の技術では長期間にわたって人とロボットの関係性を作るにはまだまだ不足だと考えていた。 豊橋技術科学大学ICD-LABに開発グループの増田氏や毛見氏が岡田氏に直接プレゼンに行ったのは、まだ残暑が厳しい2018年8月30日だった。 大きな追加投資が不要 ロボット高さが低いため既存のカゴ台車を改造することなく潜り込ませ、持ち上げることができます。