大阪 体育 大学 サッカー 部。 大阪学院大学サッカー部公式HP

下の学年もしっかりやってくれていて、どんどん頼もしくなり、夏にユニバーシアードや鳥栖に行って不在にしていた間に、グッと伸びていた選手も多かった。 (選手)• (ラグビーレフリー) 陸上競技 [ ]• 自分たち学生だけでなく、いろいろな人たちの助けがあってサッカー部が活動できているので、優勝という結果で関わってくれている人に少しは恩返しできたかなと思います。 () 引退選手・指導者・関係者• 2年間主務をやらせてもらって、他の人よりはいろいろな準備もやり方も知っている。

9

それは 河邊 拓己が主将として、Aチームだけでなく全員の見本として行動していたのをみんなが見ていたからだと思う。 チームとしてひとつ上のステップに行くためにも、夏からそこは重点的に取り組んできた部分なので、インカレでは成果を出したい。 関東のチームは攻守の切り替えが早く、守備からリズムをつかんで攻撃を仕掛けてくるし、個人の能力も高い。

ラグビー [ ] 現役選手• (指導者)• (監督)• (日本代表)• (アマチュア野球指導者)• (選手 - 日本代表予選9位)• 33歳という年齢でこういう経験ができていることに感謝しかないです。 CBとして上背もスピードもないが、相手の出どころをカバーして身体を張り続けることをやり続けてきた。 その他のスポーツ競技 [ ]• 第97回関西学生サッカーリーグ1部 は2日、2年連続5回目となる関西学生リーグ1部優勝を達成した。

12

(元選手)• お世話になった4回生を日本一で送り出したい。

8

そこでしっかり結果を出している姿でチームを引っ張りたいと思っている。

1

今年は、いろんな人とボランチを組んだが、守備から攻撃につなげる中で、どの選手であってもうまく連携を取りつつ、体大の良さである守備をしっかりやれていた。

(選手)• 力強さや裏に抜ける良さを出して、シュートまで持って行ける形を増やしたい。 。 (監督)• 身体の強さは自分の持ち味。