平泳ぎ の コツ。 平泳ぎの泳ぎ方のコツ|かき方/骨盤/キック/手/速く

引きの時に気をつけたいのは、中途半端にならないことです。

11

平泳ぎの手の動きは、クロールなどとは全く違いますので、水をかく際にどのように手を動かすのかしっかり理解しておきましょう。 おわに:平泳ぎの泳ぎ方まとめ 最後に平泳ぎのコツをまとめると、• その中で水泳の他の種目にない動きの特徴として、胸を立てる 上体を起こす 点、脚 膝 を曲げてかかとをお尻に近づける点が挙げられます。 キック:足の裏で水をとらえる• タイミング キックとストロークのタイミングが重要 平泳ぎを泳ぐ時にキックをいつ打つかというのは重要なポイントです。

18

水面から膝が出ないように意識して、平泳ぎの足の円を小さくするように努めていました。 平泳ぎを始めたばかりの人がまず一番に気を付けることは足首の動きです。 そして、体が浮いてきた時が、次の息つぎをするタイミングになるんだよ」 これだけの助言ですが、5年生の最初、25m泳げなかった子が、夏休みには200m泳げるようになり、6年生では1000m泳げるようになりました。

19

肘が落ちてしまうと、せっかく キャッチで掴んだ水を逃してしまいます。

12

笑 また、Aのように体が沈んだ状態で反り腰のまま体の後ろ側に向かってキックをすると腰にも負担がかかってきますし、水平に近い軌跡でのキックになるので体が沈んだままとなり抵抗も大きくなります。 この状態でキックをすれば、多少は水を後ろへ押し出すことができます。

11

逆にBでは強いキックができると同時に、体の下に水を受け流すような泳ぎができるので、抵抗も少なくなります。 スカーリングのやり方に関しての詳細の記事は後日掲載予定です。 キックで一番難しいポイントがここですね。

20

注意点としては、やってみていればわかると思いますが、ものすごく体幹を使っています。 こうして、 ゆったりした「息つぎ」「ひとかき・ひとけり」の後、フワ~と「蹴伸び・伏し浮き」をして数m進んで、2回目の「息つぎ」をするイメージで、落ち着いて、すーっと立ちます。 この記事では平泳ぎのコツを掴めるようになるためにも、• 足の指先を丸めることなく、足の裏で水を蹴る• いきなり水中で平泳ぎを泳いでみて、上手くいかない場合は、陸上で5ステップの練習をした後、水中で練習するようにしていきましょう。

14