ベンタス ベルコア。 フジクラ VENTUS(ヴェンタス)ブラック&レッド シャフトを発売

どのように表現をしたらよいのか難しいですが、チップカットしてシャフトの先端が硬くなってしまったような感触です。

この平均データは参考にならないので、画像でお見せします。 私のH. つかまりは特に強くはなく、ドローが打ちやすいシャフトではないのでスライサーにはちょっと辛いかも。 そのような違いがあるということを知っておくことが大切です。

13

日本では渋野日向子選手が使用して、大注目のシャフトとなった。 それが悪いことではないのだが、バッグの中のユーティリティーやロングアイアン、ハイブリッドなど各クラブの目的に沿って、意図的に行った方がなお良い。

9

冬場にBlueの6S,Xを温存しておく作戦にしようかなと考えています。 3ラウンド使いましたのでクチコミします。

18

やはりベンタスブラックは硬いシャフトと言える。

3

振動数的には267cpmくらいなので、他の地面から打つクラブからすると結構高い数値で振動数フローには明らかに合ってませんが、まぁ振動数は参考だし、ティーアップするものは別かなと思う様にしています。

18

よく飛んでいます。 sだからxだからなどの表記を参考に購入はされない方がいいと思います。 高知 0• 今70g台を使っているなら60g台で十分だと思います。

そこで、色違いのATMOSツアースペックシリーズの時と同じように、フジクラはヴェンタスシリーズに新たな2種、レッドとブラックを追加することとなった。 ・左へのミスが減ること。 しかし、低打ち出し角/低スピン量のブラックと高打ち出し角/高スピン量のレッドの間に位置するブルーは、中打ち出し角/中スピン量のシャフトであるはずだと、印象だけで間違った判断をする者もいるだろう。

7

また、オフセンターヒット時のヘッドの捻じれを抑制し、方向性が安定します。 私のようにあまりヘッドスピードが無い人でも、長尺にする事で、VENTUSを振る事が出来ると思います。 だが、決して「ATMOS」が飽きられたというわけではない。

10