唞 が č‹Ļい。 åŖč‡­åŽŸå› ã¯åŖč‡­ãŽį¨ŽéĄžã§åˆ†ã‹ã‚‹īŧãŠãļ臭īŧŸé…¸ãŖãąã„ãĢおいīŧŸį”Ÿč‡­ã„īŧŸ

åŖぎ中ぎč‹Ļãŋをį´›ã‚‰ã‚ã›ã‚‹ãŸã‚ãĢé ģįšãĢもぎをéŖŸãšãĻいたりするぎで、åŖãŽä¸­ã¯č‰¯ã„įŠļ態ではありぞせん。 ホãƒĢãƒĸãƒŗį™‚æŗ•ãĢはčŗ›åĻがありぞす。 それと、 čˆŒã‚’ã‚´ã‚ˇã‚´ã‚ˇã¨įŖ¨ãã“とはįĻį‰Šã§ã™ã€‚

11

åŧ•į”¨īŧš č†ŋ栓をč‡Ē分で取ろうとするäēēãŒã„ãžã™ãŒã€åąé™ēですぎでおやめãĢãĒãŖãĻください。 もしåŖがį˛˜ã¤ã„ãĻč‡­ã„å ´åˆãĢã¯ã€ã€Žã€ã‚’ã”å‚č€ƒãĢしãĻください。

ぎおぎį–žæ‚Ŗ æ‰æĄƒã‹ã‚‰ã¯ã€į´°čŒã‚„ã‚Ļã‚ŖãƒĢã‚šã‚’æ”ģ撃するためãĢ常ãĢ ネバネバしたį˛˜æļ˛īŧˆæŠ—äŊ“īŧ‰ãŒå‡ēãĻいぞす。

舌苔īŧˆãœãŖたいīŧ‰ åŖぎ中ぎč‹Ļå‘ŗãĢ加えåŖč‡­ã‚‚æ°—ãĢãĒã‚‹ã¨ã„ã†æ–šã¯ã€čˆŒč‹”ãŒåŽŸå› ã¨ãĒãŖãĻいるかもしれぞせん。

7

これãĢついãĻはぞだはãŖきりと因果é–ĸäŋ‚がį¤ēされãĻいるわけではありぞせんが、äēēåˇĨį”˜å‘ŗ料ぎ中ãĢは、通常ぎį ‚įŗ–ぎīŧ”īŧīŧīŊžīŧ•īŧīŧå€ã‚‚ぎį”˜ã•ã‚’感じさせるもぎもあり、äŊ•ã‚‰ã‹ãŽåŊĸでå‘ŗčĻšãĢåŊąéŸŋã‚’ä¸Žãˆã‚‹ã“ã¨ã¯å……åˆ†č€ƒãˆã‚‰ã‚Œãžã™ã€‚

15

ã‚ĸãƒĢã‚ŗãƒŧãƒĢやã‚ŋバã‚ŗぎ過剰摂取ãĢåŋƒåŊ“ãŸã‚ŠãŽã‚ã‚‹æ–šã¯č‚č‡“ã‚’äŧ‘ぞせえるäŧ‘č‚æ—ĨをäŊœãŖãĻãŋたり、量を控えãĻãŋたりしãĻ下さい。

そしãĻ、歯をįŖ¨ãã¨ããĢã€æ­¯ãŽčĄ¨éĸだけでãĒく歯と歯ぎ間ぞでįŖ¨ãã‚ˆã†ãĢåŋƒãŒã‘ãĻください。 äģ–ãĢã‚‚ã€č‚į–žæ‚Ŗīŧˆã‚ĸミãƒŗ臭īŧ‰ã€č…Žį–žæ‚Ŗīŧˆã‚ĸãƒŗãƒĸニã‚ĸ臭īŧ‰ãŽå ´åˆã‚‚åŖč‡­ãŒčĩˇããžã™ã€‚

8

朝čĩˇããŸã¨ãã‚„éŖŸåžŒã€åŖがč‹ĻくãĻäģ•æ–šãŒãĒいâ€ĸ ã€Žč‚ã€ã¨ã¯ã€č‡Ēåž‹įĨžįĩŒãŽåƒãã‚’åĢãŋぞす。 é‡ŽčœãŽč…ãŖたãĢおいâ€ĸ åš´éŊĸとともãĢ顎下č…ēã‚„čˆŒä¸‹č…ēからぎ分æŗŒé‡ã¯æ¸›ãŖãĻきぞすぎで、唞æļ˛ãŒį˛˜ã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒりぞす。

17

2rem;padding:25px 0 0;margin:30px 0 0;font-weight:bold;border-top: aaa solid 1px;letter-spacing:1px;line-height:1. そしãĻ、これらはおれもåŖč‡­åŽŸå› ãĒぎで、åŖがč‹ĻいときãĢはåŖč‡­ãŒã—ãĻいると思ãŖたãģうがいいかもしれぞせん。 歯がå›ēく感じる。 åŖぎ中が常ãĢずたついãĻいる。

11