アディゼロ ボストン。 アディゼロジャパンとアディゼロボストンの違い

Adidasさんにはナイショね。

19

ソールが規格限界レベルの厚底に変更 「ボストン10」から ソールの厚みが39. ワラーチ 88. アディゼロボストン9のフロント側のブースト配置 ボストンは広い面でブーストが採用されており、反発よりもクッショニングを重視するレイアウトです。 ボストンより ジャパンの方が薄いアッパーとなっているため ジャパンの方が通気性が高いのだ。

逆にインターバルやレペ、ペース走で履くことはありません。 もちろんキロ4:00台で走ることはできますが、正直、スピードを出して走ると重さが気になってしまいますので、サブ4〜サブ3. ボストンの銀色のパーツは足の内側のかかと部分まで伸びている。

5

流行りの厚底でもなく、カーボンプレートも入っていないため、「ちょっと地味かな?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。 アディゼロ ボストン10 アッパー アッパーは2層になっており、表面にはアディオスプロでもおなじみのセラーメッシュ2. そのためフィット感では ジャパンの方が上なのである。

17

概して、 ボストンは ジャパンより頑丈である。 ただ、特筆すべき点はソール構造にあります。

9

あくまでアディゼロ系の特徴として涼しいと言うに留めます。 ランニングシューズは、サイドの幅が広くなればなるほど着地するときに安定します。 クッション性がアップしています。

14