忠言 は 耳 に 逆らえ ども 行い に 利 あり。 忠言は耳に逆らえども行いに利あり。阿蘇山噴火が大分まで影響を・・・

忠言は耳に逆らえども行いに利あり(良薬は苦いが飲めば病気を治してくれる。 【類義語】 ・諫言耳に逆らう(かんげんみみにさからう) ・至言は耳に忤う(しげんはみみにさからう) ・忠は憎みのもと(ちゅうはにくしみのもと) ・良薬は口に苦し(りょうやくはくちににがし) 【対義語】 佞言(ねいげん)は忠に似たり(もうげんはちゅうににたり) 分かってるけど、なかなか気持ちがついて行かないんだ。

1

その人のことを考えて、真心を込めていさめるような忠告の言葉。 どんな事にも感謝をする気持ちを持って、諫言を大切に成長しながら生きていたいものです。

20

諫言に対して、本当に相手の事を考える人だからこそ、言いたくはないところを敢えて言って下さるのだと心から受け取れる人、つまり諫言を素直に受け止めた上で、自分の考え方や進め方を話し合える人はどんどん成長していきます。 なので、わかっちゃいるけど、素直に聞くことはできないもの。

19

Good medicine is bitter to the mouth. 亡き母がよく言ってた「耳に心地よい言葉よりむしろ耳に痛い言葉を受け入れなさい」と。 ご参考になりましたら幸いです。

「良薬口に苦し忠言耳に逆らう」と続けてもいう。 忠言は耳に逆らうと言うが、忠告はためになるので受け入れなければならない。

14

良薬は口に苦けれども病に利あり』. お題「最近知った言葉」 良薬は口に苦けれども病に利あり、忠言は耳に逆らえども行いに利あり、「良薬は口に苦し」までしか知らなかった。 今回は以上です。

10

【ことわざ】 忠言耳に逆らう 【読み方】 ちゅうげんみみにさからう 【意味】 役にたつ忠告ほど、聞く者にとっては耳には痛烈に感じられるため、喜ばれないものだということ。 『孔子家語』には孔子の言葉で「良薬は口に苦けれども病に利あり。

甘言にひかれて喜び、諫言から目を背ければ、反省もなければ成長もない人間になってしまうだけではないでしょうか。 」 4、己の長を以つてして人の短を形すことなかれ。 確かにそうあるべきではあるが、世の中それでは動かないのが実態です。

16