感電 米津 歌詞。 感電米津 歌詞

何を言いたいかと言うと、この楽曲でいう 「真実も 道徳も 動作しないイカれた夜でも」というのは今の世の中の暗喩であって、タイアップ曲であるこの曲も実は 「 おかしな世の中からの乖離」という米津さん通年のテーマに沿った楽曲なのではないか、ということです。 米津玄師さんのコメントから以下の点が題材となっているのを把握できます。

13

今までの京楽的な生活から抜け出すための目的地として メロウなエンディングが用意されています。 書き出しの仕方から志摩の 「心」と 「現場」の様子を同時に伝えているように感じます。

8

伊吹は 永遠に見失わない幸せがあるはずだと思い、それを探求することを志しているようです。 表面ではわかり合えた気になっても人の心はそんな単純なものではない、ということを突き付けてくる。

米津玄師さんは「MIU404」の第1話と第2話の脚本をもらい、 そこからイメージを膨らませ楽曲を制作したとインタビューで答えています。 要約なので言い回しは少々異なります。

11

中睦まじい雰囲気が途端に険悪な雰囲気へと変化したり、クールからホットへと忙しく変化する関係と環境。

20

さらにもっと深く掘り下げると、歌詞の内容自体が『MIU404』に寄り添ったものになっている。 いつも冷静沈着な志摩が、伊吹の根拠のない言動とハイテンションに振り回された結果、無茶な決定を容認する様子を反映したフレーズだと解釈しました。 私はこの方の音楽的な魅力の一つに昔から引き継がれている伝統的なスタイルを しっかり取り入れているところと新しさという流行を意識するのではなく自分の赴くまま、時には音楽の当たり前を完全に無視することになっても大胆に取り入れるところが見事に融合されているところではないかと思います。

1