御巣鷹 山 真相。 中曽根康弘元首相が日航機墜落事故の真相を握ると言われた事情!息子や孫が語った晩年

ネット用語を「あいうえお」順に集めて解説するサイトがある。 私の標榜する新保守・自由主義ってのは、そういうものです。 ————————(以下から転載) JAL再上場に際して、JALはアメリカの某ファンドより融資を受けましたが、 何と何と融資額の内の500億円を稲盛和夫名誉会長が着服して、ドバイに投資をして失敗したというのである! そのために稲盛和夫名誉会長宅などが差し押さえられたとも・・・! 稲盛和夫名誉会長は、取り調べに対して 「ファンドに騙された!」 「私が借りて、JALに入れた!」 と申し述べているようですが、 一部の話では資金は迂回されて日本に持ち込まれて、「国民の生活が第一」の選挙資金になると言われています! 今にして思えば、JAL上場会見の席上での稲盛和夫名誉会長の顔の暗さが印象的でした! 日本航空(JAL)が9月19日、再上場を果たした! 経営破たんして2010年2月に上場廃止になって以来、2年7ヵ月ぶりという異例のスピード再上場である! 初値は3810円と売り出し価格を20円上回り、時価総額は約6900億円を記録した! 今年世界で株式公開した企業のなかでは、 フェイスブックに次いで2番目の規模になる。

2

結果、前原誠司は、2011年7月に123便事故解説書を公開して、事故原因は後部圧力壁の損傷という結果を再主張する。 520名の犠牲者を出した、日本史上最悪のこの日航機123便墜落事故は、32年経った今なお記憶している人は多い。

ブーツの裏にグニャッとした柔らかい感触があったんです。

3

その証拠に、機長はその後の局面でクルーを必死にはげましている。 自由民主党の中では、その変わり身の早さから「風見鶏」と称されたこともありました。

10

(一部転載) ちなみに、前原誠司事務所のすぐ近くに日本会議の源流となった「生長の家」のデカい会館がありました。 政治的には「統一教」色が強い「中曽根康弘」。

19

また、『永遠なれ、日本』にも「日本航空123便墜落事故」のことは書かれていませんでした。

5

なお、生存者は川上慶子さん(十二歳)、吉崎美紀子さん(八歳)、吉崎博子さん(三十五歳)、落合由美さん(二十六歳)の四名である。 ところが南西からの強風にあおられたことがきっかけで、機体は急降下を始めます。 朝5時前には「命令受領ラッパ」が鳴り響き、営内に残っていた我々は即座に出動準備を整えて集合、V-107という大型ヘリ6機に乗り込み、7時54分、習志野を出発しました。

20

) なんと「中曽根康弘」は、生長の家二代目総裁の「谷口清超」と同級生だったのです。

11