辻井 伸行 評価。 「辻井伸行」に関するQ&A

幻想的で夢のような気分を提供した。

加えて辻井伸行さんの演奏には、腕を鍵盤からあまり離さず、時に鍵盤に吸い付く様に弾いている姿が見受けられます。 そんなコンクールで優勝したのですから 辻井伸行さんは世界的な実力であることは言うまでもありません。

2

個人的にはこのリストのラ・カンパネラが素晴らし 過ぎて泣きそうです・・・ ピアノの技術というのは、譜面通りに弾くだけではなく そこに音の強弱やバランス、テンポの波の付け方などを ピアニスト自身が作り出して、いかにピアノに命を 吹き込めるか、というのも大切です。 ご両親の信念のある育て方が、やがて音楽の世界で実を結ぶようになるのです。 小学生になると筑波大学付属盲学校(現在 視覚特別支援学校)に通うようになり、学校でもピアノの腕前を披露し、拍手をもらう度自信がついていったようです。

4

彼の演奏の評価が高いのは、 人間・辻井伸行の音楽が聴こえてくるからでしょう。 穏やかな人柄が溢れ出すよう。

1

演奏会の実績もあるし。 8ヶ月の時、辻井伸行さんは母親がよく流していた「英雄ポロネーズ」を聞いており、 赤ちゃんながらも音楽が流れると喜んでいたのだとか。 ちなみに、チケットの料金はステージのすぐ横の2階席で一人13000円でした。

それは何も悪いことでも特別なことでもありません。

最初、重苦しい空気に包まれていた会場は大きな拍手に包まれる。 最初に辻井伸行さんのピアニストとしての実力を見抜いたのはお母さんだったのですね。 左手と右手のコンビネーション 『辻井ピアノ』の世界を探る番組は、まず「飾り気のない素直な演奏」を魅力にあげる。

15

そこでまた 「英雄ポロネーズ」のCDを買い直し 聴かせたら、今度は全く反応しなかったそうです。 彼は炎です。 ただ純粋に、彼の奏でる音楽を聴きたい! それだけですね。

2

今までに聴いたことのない音色を聴きました。 素直に、さんの演奏を楽しみたい。