不屈 の 精神 意味。 【不撓不屈(ふとうふくつ)】の意味と由来、使い方を実例で解説!│「四字熟語のススメ」では読み方・意味・由来・使い方に会話例を含めて徹底解説。

不屈の精神を持つ人の8個の特徴 不屈の精神は、困難な状況に直面しても逃げずに、諦めることなく自力で立ち向かう精神力が基になっているといえます。 ですから、自分の人生のステージアップを思うとき、自分の頑張りで周囲の人の人生もステージアップさせて元気にしようと思うことができるのです。

6

・七転八起(しちてんはっき) ・百折不撓(ひゃくせつふとう) ・不退転(ふたいてん) ・不惜身命(ふしゃくしんみょう) 七転八起 何度失敗しても諦めない意味です。

百折不撓 百回折れても、くじけない様で、こちらも絶対にあきらめない意味ですね。 些細なことにも安易に妥協せずに、真摯に向き合う心構えが必要です。

17

国家事業として予算を確保• 『下積み』は人生の『基礎固め』といえます。 このことから、中国では、杏の林を意味する 「杏林」は医者の尊称(美称)の一つとなったと言われます。

5

逃げ道を探す人は、自分の人生から逃げている人です。 辛い状況を乗り越えた経験をもたない人は、他の人の辛さを理解することはできません。 不屈の精神は一朝一夕で身に付くものではありません。

17

あなたが不屈の精神を持ちたいと思っているなら、何事にも逃げずに『自力で乗り越える覚悟』ができていることが前提となります。 人生が進展しなければ、日々の生活をより良い方向へステップアップさせることもできません。

杏の花言葉 それではさっそく杏の花言葉を見ていきましょう。 不屈の精神は、自分のチカラを信ずることで沸き上がってきます。 不撓不屈の豆知識 「不撓不屈」は英語で言うと「An indomitable spirit. 不撓不屈 ふとうふくつ : 強い意志をもって、どんな苦労や困難にも決してくじけないこと 「不撓不屈」の意味を詳しく 不撓不屈は、「不撓」と「不屈」の二つの熟語から成り立っています。

15

また、自分のことを大切にすると共に他の人も軽視せずに大切にします。 今よりも強い自分になりたいと思いませんか。 不屈の精神を持つ人に共通することは、人生を大切に考えているので、歳を重ねながら困難な物事からも逃げずに真摯に向き合い、乗り越える心の強さをもっていることです。

11

彼の 不撓不屈の精神には驚かされた」 「器用な性分ではありませんが、どんなことにも常に 不撓不屈の姿勢をもって乗り越えてきました」. 唐(当時の中国)とは 宗教も文化も全然違う国への旅• 例文5. 開花と収穫の時期 杏の 開花時期は、3月です。 苦しいことがあっても何度でも立ち上がある姿がイメージできます。 周りの人に頼らずに自分のチカラで出来るところまで全力でやり通す心意気が大切です。

11