名古屋 地震。 愛知県の地震活動の特徴

文部科学省では、南海トラフから南西諸島海溝域までの震源モデルを構築、地震・津波の被害予測とその対策、発災後の復旧・復興対策を検討し、地域の特性に応じた課題に対する研究成果の活用を推進させるため、平成25年度より研究機関に委託して研究プロジェクトを実施しています。

16

例えば、1854年の安政東海地震(M8.4)や1944年の東南海地震(M7.9)では、県内の全域で強い揺れが生じ、名古屋市付近では大きな被害が生じました。 それぞれの層の中にはいくつかの地盤があります。

17

各地震活動について、これまでに公表された評価結果をとりまとめたものです。

20

例えば、歴史の資料によると、1586年の天正地震(M7.8)、1715年の大垣付近の地震(M6.5~7)などで県内に被害が知られており、明治以降では、1891年の濃尾地震(M8.0)により県内の広い範囲で震度6が観測され、甚大な被害が生じました。 7トンが爆発。 8月16日に起きた宮城県沖地震はまだ記憶に新しいところ。

10

特に現在、首都圏に近いところでもっとも危険とされているのが。 地震発生のしくみ、地震調査研究推進本部の取組などを解説した各種パンフレットです。

12

「ハザードマップ」を開くと様々な災害に関する情報を重ね合わせてみることができ、作図も可能のため、各家庭用のハザードマップ作成に役立てることができます。

愛西市、• 将来ある特定の地震が発生した際に生じる長周期地震動の揺れの強さや性質を予測した地図です。 ちなみに設計コンサルタントの碓井民朗さんは、杭が40m以上の物件は避けたほうがいいと明言。

(PDF 8. 三重県の液状化マップは三重県防災対策部の「防災みえ. ・2020. 名古屋名東区、• 7豪雨)(台風6号) 総雨量 289ミリ (458ミリ(藤岡町)) ・死者 64名 ・行方不明 4名 ・負傷者 112名 ・家屋全壊 271棟 ・床上浸水 2,075棟 ・被害額 302億円 昭和51年9月8から13日 集中豪雨 (51. 活断層調査 【伊那谷断層帯】• 清須市、• 風水害による被害 年月日 種別(名称) 被害の状況 昭和28年9月25日 暴風雨・高潮(台風13号) 最大風速 22. さらに、1960年の「チリ地震津波」のように外国の地震によっても津波の被害を受けることがあります。

19

・負傷者 3名(消防職団員) ・出動車両 57台(7消防本部) ・出動人員 392人(消防職団員) 平成6年4月26日 20時16分頃 中華航空機事故 名古屋空港の南側で中華航空機が着陸に失敗、墜落炎上した。

13