やる夫 と 学ぶ 野村 克也。 ○面白かったやる夫シリーズの野村克也

野村は楽天の監督に就任後、西武から戦力外通告を受けた高波を獲得。 どうか安心してお眠り下さい」と弔辞を述べた。

しかし1年目は改革が勝利には結びつかず、開幕からの巨人戦はの疑惑の判定もあり、2試合連続のサヨナラ負け、3戦目に初勝利を挙げるものの、その後も連敗を重ね結局5位に終わり、前年の4位を下回った。 日本語が通じないのか」と度々酷評していたや(後に中日移籍)との対立が話題に挙がることも多かったが、こうした対立はあくまでも少数派であり、が監督に就任した前後で野村が楽天の監督となった後も赤星、藤本、、桧山らは楽天戦の試合前には必ず挨拶し、その様子は新聞などによって度々報じられていた。

16

2007年10月4日、3年契約最後の年である2008年も予定通り監督を続けることを表明。

野村家を支え、野村の高校進学とプロ野球入りを後押しした。 講演では「負けるときは負けるべくして負ける。 プロ6年目の外野手で、キャンプで同室であったが、そのノートを目撃している。

15

どうも、こんにちはスミカ Rick です。 言い換えればシャイなのである。 また、球団側は2007年シーズンが終了してもまだ契約が残っていることを強調したため、翌年の成績如何にかかわらず慰留する方針であると考えられていた。

11

しかし、2018年3月に(丹後地域地場産業振興センター)に「野村克也ベースボールギャラリー」が開設され、後年のヤクルト監督時代なども含めた野村からの寄贈品を中心に展示している。 金田は野村を戦力としては期待しておらず、野村の豊富な知識と経験、長年にわたって蓄積したデータを丸ごと手に入れることが獲得の目的だったと言われる。 かつて巨人監督だったが、水原茂の復帰によって巨人を放逐され、水原との因縁が深い。

2

しかし、怪我人が続出した5月以降は調子を落とし、交流戦では最大6連敗を喫し、7月には3年ぶりの8連敗、一時は5位にまで後退するが、8月に入り最大6連勝を含め通算17勝7敗。 さらに野手に関しても、やなどが故障でシーズン中に長期間戦線離脱するなど怪我人の多い年となった。

13