チャドクガ 皮膚 炎。 3分でわかる!チャドクガの生態と刺された時の対処法<画像あり>【専門家監修】|YAMA HACK

チャドクガとは チャドクガとは、漢字で「茶毒蛾」と書くように 茶色で毒をもった蛾です。

チャドクガは毒を持っており毛虫皮膚炎を引き起こす なのでほぼ4月〜11月ごろまで卵や毛虫、成虫といった形態は違えどもチャドクガの危険性は高いまま。 先ほどチャドクガの発生時期について4月〜11月と言いましたが、脱皮した皮や卵なんかはそのまま冬の間も放置されているので、チャドクガの毒針の危険性はいわば年中無休ですよー。

18

幼虫・成虫問わずおまかせください。 ドクガの皮膚炎は、チャドクガ(Euproctis pseudoconspersa)によるものが多い。

12

特にツバキやサガンカは公園やマンションの中庭に植えられていることが多く、したがってもっとも身近な毛虫ひふ炎は、チャドクガが原因と考えてよいでしょう。 まとめ チャドクガの毒針毛に触れてしまうと、激しい痒みを引き起こします。 真似しないように。

3

毒針毛が飛ばないように、新聞紙などで包んでからごみ袋に入れると安心です。 その他カレハガの仲間のマツカレハ・ツガカレハなども毒針毛を持っています。 痒い!って掻いたら広がるから毒針を抜くのにガムテープなどですると良い。

6

その他の毛虫については過去コラム「」に書いてありますので、併せてお読みください。

17