と ある ママ 友。 発言力のあるママ友を敵に回したけど復讐しました【前編】 ‣ カナウ

出産後、ずっと専業主婦でしたが、娘の習い事の費用が負担となってきたので働かなければならなくなりました。

日中は幼稚園へ通わせ、合間に内勤でおこづかい程度に稼いでいる主婦です。 ママの人付き合い良さ• 家族旅行の頻度• 通信教育や英才教育と呼ばれることについては、夫とこれまで何度も話してきていて「娘本人から興味を示さない限りやらせず、自由に育てよう」という方針を固めたところでした。 いい意味で距離感を保てる人」(48歳/主婦/子・中学生) 「気軽に話せるけれど、あまり深入りはしない人。

17

特に気にせず話をしているのであまりこだわっていません」(41歳/主婦) オープンにさっぱりと話されると、聞いている方も愚痴と思わずにスカッとするかもしれませんね。 伝言ゲームのように事実がすり替わってトラブルにならないため」(46歳/主婦) 「夫の威厳に関わることは言わない方がいいと思う。 では、今度は悪い面を考えてみましょう。

1

「人の悪口を言わない人」(47歳/総務・人事・事務/子・未就園児) 「面白くて人の悪口を言わない人」(33歳/主婦/子・未就園児) 「人の悪口を言わない人。 一人だけ浮かないようにする」(57歳/主婦) 「お互いを探りながらここまで言ったのならという感じ。

11

まあ、社宅に住んでいればこんなママ同士の格差はよくあることなので、慣れっこなのですが、最近初めて同じ社宅にすむ小学生から格差発言を受けました。

ぜひこの記事も参考にしてくださいね。 私立大学か、国立大学か• 「夫の身内事の愚痴は喧嘩の元だから言いません。 「ゆいちゃんママ、ちょっといいですか……?」 顔を上げると、ご近所ママでよく顔を知っている方でした。

1